フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!

フクホーなら可能!増額融資はこうする!

お金を借りるなら、少額が良いには決まっていますが、現実はそれほど簡単ではないのも事実です。例えば、消費者金融や銀行でカードローンを借りる場合は通常、「限度額」を決めることになります。

借金を初めてする場合、たいていの方は慎重です。「限度額を大きくしておいたら、きっと借りすぎてしまうから少なめにしておこう・・・」と考えるわけです。

しかし、人間は怖いもので、だんだんと「慣れて」いきます。良いことに慣れるのは素晴らしいことなのですが、悲しいかな、人間は必ずしも理想的ではない状態にも除々になれてしまいます。

その一つが「借金」なんですね。もちろん、借金そのものが悪い、と言っているわけではありません。もし、それが有意義な目的達成のためなら、それも已む得ない状況がたくさんあります。

ただ、怖いのは慣れてしまって、惰性でお金を狩り続ける習慣を身につけてしまうことです。

増額をする目的は何なのか?

もし、借金に便利さになれてしまった方によくあるのが、

「あれ、まだ借りれると思っていたのに引き出せない・・・」

という現象です。なぜだかお分かりになりますよね?

そうです、すでに限度額に達してしまっている のです。この状況で人が取りうる手段はただ2つ。

限度額に達してしまったのだから、借り入れはあきらめるか、限度額を増やしてさらに借り入れるかのどちらかしかありません。

安全なのは前者の選択なのですが、先にも述べたようにどうにもならない事情はあります。人の事情は様々ですから、困ったときに限度額を増やしてさらに借りることが必要な方も当然おられるでしょう。

ちなみに、融資限度額を増加させることを「増額」 といいます。

この増額をする際はまず考えていただきたいことがあります。それは

増額が必要なのはなぜなのか?この局面において増額はどうしても必要なのか?

ということです。そのプロセスを経ないと、借金が習慣化してしまって、大変なことになってしまいます。

増額するだけして、気がついた時には、その限度額いっぱいまで借金をしていて、返せないくらいになっている・・・そんな方がたくさんいらっしゃるのです。

目的を確定した上で、そこに至るプロセスを描けますか?

さて、増額がどうしても必要という結論がでました。その上でさらに必要なことがあります。それはちゃんと借金を返済できるのか、ということです。

例えば、あなたが旅行に出かけるとしましょう。目的地は決まりました。でも、そこに至るまでの交通手段を具体的に決めていないのなら、あるいはその準備をしていなければ・・目的地に向けての旅行は現実化しないですよね?

同じように増額が必要なことはわかりましたが、じゃあ、それをどうやって返済するのか、ということもしっかり計画を立ててみるようになさってください。(参考ページはこちら→計画的な返済は融資で絶対に欠かせない

「借り入れは計画的に」は単なるスローガンであっては困ります。

だれでも増額できるのか?

さて、増額をする必要性が確定し、返済するための計画も立てました。これで相手が利用限度額を増額してくれなければ、これはまさに「絵に描いた餅」です(笑)

ですから、どんな人が増額できるのか、あるいはできないのか、最低限のことは知っておきましょう。

増額できるかは信頼を勝ち得ているかどうか

増額できるどうか、相手は貸金業者で、当然審査があるのですが、実は問題はそう複雑ではありません。

例えば、あなたが友達に5万円貨しているとしましょう。その友達がさらにあなたに「もう2万円貸してくれないか?」と言ってきました。「ふざけるな!」と言いたくなるでしょうが、友達はすでに涙目になっています(笑)よっぽどの事情がありそうだ、ということを察知したあなたはお金をさらに2万円貸すことを考えます。

「でも、待てよ・・・」

と考えて、あなたが相手に確認しておきたい点はどんな点でしょうか?

  • その友達が長年の友人であること
  • 他に借り入れがないこと
  • いま仕事しているのか
  • これまでの返済はきちんとしてくれていたのか

などの要素が相手にさらにお金を貸すかどうかを決める参考資料になるはずです。貸金業者からの増額もまったく同じことです。結局は上のような事情を考慮して、

この人を信頼して、さらに増額しても大丈夫なのか?

ということが審査で見られるわけですね。

つまり

  • 最初の借り入れから一定期間が経過していること
  • 他の会社からの負債がないこと
  • 仕事や住所の状況
  • これまでの返済に遅滞がなかったのか

こうした要素で判断されます。もうすこし具体的にみてきましょう。

最初の借り入れからどれくらいの期間が必要?

これはもちろん一概にはいえないのですが、最低でも3ヶ月、安全圏を狙うなら半年は必要かと思います。そもそも、一定額の限度額を設定してお金を借りたあと、その翌月に電話を掛けてきて増額を申し出る、そんな債務者に貸金業者のほうもお金を貸すのを渋るのはごく当然のことでしょう。

「わたし無計画にお金借りてます」と自己告白しているようなものです(笑)

現在の借り入れ状態を「きれい」な状態に

最初の借り入れから数ヶ月間、毎月返済日までにきちんと返済してきたのかはとても重要です。。逆に、それさえしていなくて、さらにお金を貸してほしい、なんていうのは図々しすぎます。また、別のところからの借り入れがあれば、増額の審査は絶対に通らない、と言っても過言ではありません。

住所や仕事も信頼度を測るものさし

最初の借り入れのときは仕事があったのに、増額時には無職なってしまっているすれば、借り入れは困難です。また、仕事を失ってはいなくても、住所が数ヶ月の間に変わっているとすれば、それもマイナス評価につながります。

この人、安定性に欠ける・・・

と判断されてしまいますので、気をつけましょう。

増額ならフクホーが心強い

さて、話はより具体的になってきます。上の条件をばっちり満たしている、というのなら、大手の消費者金融での増額はおそらく問題ないと思います。しかし、問題は、そのどれかが欠けている、という場合です。

例えば、

  • 最初の借り入れから3ヶ月でちょっと不安・・・
  • 仕事を変わってしまった・・・
  • 一度返済で1日だけ遅れてしまった・・・

というような場合です。断っておきますが、他からの返済があるとか、長期にわたって返済を遅滞している、現在無職、とかは増額は無理ですので。

明らかにアウトな場合は別として微妙な場合におすすめしたいのが、消費者金融のフクホー です。

その理由は

  • 創業45年の老舗
  • 独自の審査基準をもっていること
  • 口コミでも借りやすいと評判
  • 24時間365日申し込みが可能

などの点が挙げられます。特に2番目は重要です。なぜなら、大手の消費者金融の審査基準は軒並み同じですので、どこかがダメであれば、他からの借り入れも事実上不可能になるからです。(参考ページはこちら→フクホーと大手金融機関は審査が違う?

フクホーを利用して賢く選択を!

この不透明な時代、一寸先は闇、明日には何が起こるかわかりません。それで、キャッシングをすることを決めたなら、増額融資まですることを考慮にいれておくことが賢明といえます。

フクホーなら、200万円の利用限度額、金利は7.3~18.0%までOK。

増額も個別の事情を考慮に入れてくれるとなるなら、心強い味方、といえるのではないでしょうか?

トピックス
ページトップへ