フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!
フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!【マネCAN】 > 審査基準を知りたい人におすすめの記事紹介 > 年金手帳が必要?フクホーで契約するまでに必要なものや手順とは

年金手帳が必要?フクホーで契約するまでに必要なものや手順とは

キャッシングやカードローンを扱っている金融業者と契約するためには、審査や書類の提出など、いくつかの手順を踏まなければいけません。消費者金融にフクホーというところがありますが、ここの契約までの手順はどうなっているのか。

また、通常だと年金手帳という書類は必要にはなりませんが、業者によっては提出を求められることがあるのです。フクホーでは提出する必要があるのでしょうか。
(⇒フクホーへの申し込み前に知りたい事

フクホーは年金手帳が必要?

消費者金融のフクホーでお金の融資を受けるのであれば、年金手帳を提出しなくてはいけない場合があります。「年金手帳」は本人確認書類として必要になるのですかね。公式サイトには書いてありませんが、必要になるかもしれないので用意しておくとよいでしょう。

年金手帳がなくなってしまった

フクホーで契約するには年金手帳が必要になることがありますが、「なくなってしまった」とか「みつからない」という人もいるのではないでしょうか。その場合は再発行を行ってもらうとよいでしょう。

その他必要な書類は?

通常、消費者金融や銀行系で契約するには「本人確認書類」というものが必ず必要になってきます。これには免許証や健康保険証、パスポートなどが当てはまり、この中のどれかがあれば契約することができます。

フクホーでも例外ではなく本人確認書類が必要ですが、書類1枚だけ提出するのではなく、複数の本人確認書類を提出する必要がある様子。契約に必要な書類には、次のようなものがあるので、すべてのコピーを用意しておくようにしましょう。

  • 給与明細書2か月分
  • 運転免許証
  • 保険証
  • 住民票

年金手帳のほかにもこのような書類が必要になるようです。公式サイトに書いてある情報ではなく、Web検索してみてこの情報を得ることができました。必ず必要になるのかわかりませんが、用意しておくと必要になった時にあせることもないでしょう。

なぜこんなに書類が必要なのか?

通常の消費者金融や銀行系のローンなら1種類の本人確認書類だけで契約することもできますが、なぜフクホーが複数の書類が必要になるのか?これはこの消費者金融が「ブラック」の人にも融資を行ってくれるからです。(参考ページはこちら→ブラックOKの融資を活用しよう

金融事故をおこした人に貸すわけですから、審査も慎重になるわけで、必要な書類も多くなってしまうのでしょう。すべての書類を用意・コピーは面倒くさいかもしれませんが、契約するために必ず用意しておきましょう。
(⇒融資審査はどこも慎重です

フクホーで契約するまで

消費者金融のフクホーでお金の融資を受けるのであれば、当然まずは申込みする必要があります。申し込み方法は窓口・インターネット・電話、この3種類の中から選ぶことが可能です。

この消費者金融の窓口は大阪にしかなく、大阪に住んでいないと窓口に行って申し込みすることは難しいといえます。窓口が近くにないという人がほとんどだと思いますが、この場合インターネットか電話を使って申し込みするとよいでしょう。

窓口で申し込みした場合の手順

大阪に住んでいる人に限られてしまうかもしれませんが、窓口でフクホーに申し込みした時の契約までの手順について紹介です。

窓口を利用して申し込みする場合は、運転免許証や健康保険証、パスポートといった本人確認書類を持っていく必要があります。さらに、住民票の原本と所得証明書や源泉徴収票といった収入証明書も合わせて持っていきます。

窓口ではまず、来店してから審査に必要な申込書というものに記入しなくてはいけないようです。この申込書に入力した内容によって審査の結果が変わってきます。通ることもあるし、落とされてしまうこともあるので覚えておきましょう。

申込書に記入して審査に通ることができれば限度額をその場で教えてもらい、契約の内容や返済方法など、フクホーでの融資について説明してくれます。説明を聞き終わったら契約書類に必要な情報を記入して確認してもらいます。

確認してもらうことができれば、そのまま融資の手続きに進むことになるのです。

フクホーで窓口から申し込みした時の契約・融資するまでの手順というのは上記のようになっています。もちろん、手順というのは公式サイトでも確認することができるので一度確認しておくとよいでしょう。

ネットで申し込みした場合の手順

インターネットを使ってフクホーに申し込みした場合の手順についてです。大阪に住んでいない人がこの消費者金融で融資を受けるのであれば、この方法を使う人が多いでしょう。ネットならいつでも、どこでも申し込みすることができるのでこの点は便利です。

インターネットで申し込みするのであれば、フクホーの公式サイトにアクセスして「申込フォーム」から申請しておく必要があります。いくつか情報を入力すると思いますが、この入力した内容によって審査の結果が変わってきます。

審査に落ちてしまう、ということも考えられるので必ず審査に通るとは思わないようにしてください。審査の結果についてはメールか電話で連絡してくれるようになっています。

ここで審査に通ることができれば、自宅など指定した場所に契約に必要な書類をフクホーさんのほうから送ってくれるようです。送られてきたものをミスが無いように記入することができたら、返送する必要があります。

返送した契約書類を確認してもらうことができたら融資してもらうことができるのです。

ネットを使ってフクホーに申し込みした時の契約までの手順はこのようになっています。見てもらえばわかるとおり、書類を送ってもらう・返送する必要があるのでそれなりに融資するまでに時間がかかる可能性があります。

住んでいる地域によって融資までの時間は変わると思いますが、時間がかかることも考えられるので急いでいる場合には注意してください。

そもそもフクホーとは?

フクホーは名前をあまり聞いたことがない人も多いと思いますが、お金を融資してくれる消費者金融になっています。大手のところに比べると認知度は低いかもしれませんが、創業は45年と長く、結構昔からある金融業者になっています。

紹介したとおり、インターネットからも申し込みすることができるので、全国どこに住んでいても融資を受けられる可能性があります。

ブラックOKと評判?

フクホーはブラックの人にも貸し付けを行ってくれるとネット上で割と評判になっています。通常、金融事故を起こしたブラックの人は融資を受けることはできませんが、ここなら融資を受けられる可能性があるのです。

公式サイトの「貸付条件」には「ブラックで融資を受けられる」のようなことは書かれてしませんが、口コミや評判、質問が集まる場所にブラックでもお金を借りられたということが書いてあるのを見かけました。

公式サイトの情報ではないので、ブラックでも100%融資ができるというわけではないのかもしれませんが、金融事故を起こした人で融資を受けたいなら申し込みしてみるとよいでしょう。ちなみにフクホーは正規の金融業者になっているので安心してもよいでしょう。

口コミにはいいものもあれば悪いものを見つけることもできます。評判を確認すればフクホーのメリットとデメリットを確認することができるので、一度自分でも検索して確認してみるとよいでしょう。

フクホーは誰でも融資できるの?

ブラックの人でも融資を受けられる可能性があるわけですから「誰でもお金を借りられるのか」と疑問に思うのではないでしょうか。

申し込み自体はネットからもできるので、誰でもできますが実際に契約までするとなると、審査もあるし、利用できる人は限られてくるでしょう。また、フクホーにも申し込み条件というものが存在しているのでそれを満たしている必要があります。

フクホーのフリーキャッシングでの申し込み条件・貸し付け条件というのは次のようになっています。

  • 年齢が20歳以上で収入と返済能力がある人
  • 基準を満たしている人

このような条件になっていてこれを満たしていないと申し込み、融資を受けることはできません。「基準」というのはどのようなものに設定されているのか詳しくわかりませんが、満たしていないと審査で落とされてしまうことになるのでしょう。

申し込み時の注意点は?

申し込み条件・貸付条件というものは紹介したとおりですが、フクホーに申し込みを行う場合には注意点があります。

フクホーについて調べてみて分かったのですが、アルバイト・パート・派遣社員・自営業など、このような人は融資を受けられない、という情報を見つけることができました。つまり、ここで融資を受けるなら、基本的には正社員の人でないと融資は受けられない。

公式サイトにはこのようなことは書いていなかったので、本当に正社員以外の人は融資が不可能なのかわかりませんが、審査に落ちてしまうということも考えておくとよいでしょう。

こんな人も融資できない?

ブラックの人でも融資を受けられる可能性があるのが、フクホーですが、こんな人は融資を受けられない可能性もあります。すでに紹介したとおり、アルバイトやパートなど、このような人も融資を受けられないかもしれません。そのほかには、

  • 自己破産している人
  • 他社から借入していて返済を延滞している人

このような人は融資を断られてしまうことがあるのです。ブラックOKと紹介してきましたが、自己破産している人、借入の返済を延滞しているという人は注意する必要があります。

申し込みの条件や貸付の条件、調べてみると公式サイトには書いていないことを結構見つけることができます。公式サイトのほうに書いてないので、正確な情報なのか判断することは難しいですが、覚えておいても損はないでしょう。

フクホーなど中小金融業者の特徴

フクホーなど、大手ではない金融業者はよく「中小消費者金融」このように呼ばれていることがあります。特徴をあげるとすると、次のようなものをあげることができるのです。

  • 限度額が低めに設定される
  • 金融事故を起こした人でも融資できる
  • 地方の限定になっていることもある

このようなものをあげることができ、注意しなくてはいけないこともあるのです。

特徴には注意点がある?

中小の消費者金融は、金融事故を起こしてしまった人にも融資を行っていることもあると思いますが、限度額が低めに設定されてしまうことが多いのです。

今回の場合だとフクホー、この消費者金融の口コミを調べてみるとわかりますが、だいたい「10万以下のお金を借りられた」といったような口コミが残っていることが多いです。最初から多額の融資には期待できなそうなので、多額が必要な人は注意してください。

金融事故を起こした人でも融資ができる、このことについては、すでに紹介したと思いますが、金融事故の理由によっては融資を受けることができません。上の方にも書いたと思うので確認してみるとよいでしょう。

大手と違って中小消費者金融は地域密着型になっていることがあり、地方・地域限定になっていることがあるのです。今回紹介しているフクホーは、地域限定ではないので特に気にする必要はありません。そのほかの中小金業者を利用するときには注意してください。(参考ページはこちら→中小金融業者の実態

フクホーで契約するには

フクホーで契約するためには、本人確認書類として年金手帳を提出する必要があります。そのほかにも本人確認書類として次のようなものを提出する必要があるので、すべて用意しておきましょう。

  • 給与明細書2か月分
  • 運転免許証
  • 保険証
  • 住民票

通常、本人確認書類は上記のようなものが1枚あればOKなのですが、フクホーでは複数の書類が必要になることも考えられるのです。必要になった時に困らないように事前に用意してスムーズに契約まで行けるようにしておきましょう。

契約するには、当然申し込みをして審査を受ける必要があり、申し込み方法としては次のような方法があります。

  • インターネット
  • 窓口
  • 電話

審査を受ける前に、申込書などに自分の情報を入力する必要があるので、記入ミスが無いように注意して記入していきましょう。たまに嘘を入力する人もいるようですが、嘘は入力しないで、真実のみを入力するようにしてください。

フクホー、あまり聞いたことがない消費者金融かと思いますが、正規の金融業者になっているので安心していいでしょう。ブラックでも融資を受けられる可能性があるので、過去に金融事故を起こしてしまった人にはうれしい業者といえるでしょう。

注意点もいくつかあるので、申し込みする前によく確認してから審査を受けてみるようにしてください。

トピックス
ページトップへ