フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!
フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!【マネCAN】 > フクホーで増額できるかどうかが分かる記事集 > フクホーでの増額、在籍確認はある?他気になるポイントを調査!

フクホーでの増額、在籍確認はある?他気になるポイントを調査!

今お金を借りていても、「あともうちょっと借りられることができればなぁ…」と思うことがあるかもしれません。そんな時、わたしたちは

  • 今借りているところにプラスして別のところから借りる
  • 今借りているところで増額してもらう

のどちらかを選択することが出来ます。

ただ、増額に関してはあまりどこの会社も明記していることはあまり多くなく(特に大手)、増額はどのように行えばいいのか、審査や在籍確認はあるのか?といった疑問も残ります。

あまり増額に関して大きく取り上げている会社が少ない中、大手ではなく中手の会社ではありますが「フクホー」という消費者金融はしっかりと増額がしたい方へ向けたページがあります。(参考ページはこちら→フクホーの増額は簡単?

馴染みのない名前かもしれませんが、正規の消費者金融ながら審査が甘めと高評価を得ている消費者金融です。今回は、そんなフクホーで増額は可能なのか?増額する場合在籍確認が必要なのか?といった点を調査しました。

気になる1:増額は可能?

なにはともあれ、まずはフクホーで増額が出来るのかどうか?これはとっても大きなポイントですよね。そもそも増額が出来ないと在籍確認なんていってられません(笑)。

もちろんと言うべきかもしれませんが、フクホーで利用限度額の増額を行うことは可能です。まじめに返済をしていれば、フクホーの方から増額可能のお知らせ(案内)の連絡がくることもあるようですよ。

自分から申し込みたい!という場合はホームページにしっかりと「増額希望の方はこちら」といったページがありますので、そちらを確認して下さいね。

気になる2:在籍確認は?

そして本題とも言える、フクホーで増額を行う(申し込む)際に在籍確認はあるのか?という気になるポイントです。

すでに利用しているのだから在籍確認はいらないのではないか…と思いますが、残念ながら(?)在籍確認はあります。初めてフクホーを利用したときと同じように職場に電話、またはメールがくる可能性がありますので心の準備をしておきましょう。(参考ページはこちら→在籍確認の応対方法

もちろん、在籍確認ではフクホーの名前を出すことはありません。個人名で連絡をしてくるので安心です。

フクホーではホームページに在籍確認などの為に連絡を入れてくる電話番号を明記しています。自分で電話を取れる立場にある場合、フクホーからの電話がきたら速攻で自分で取ればさらに安心です(笑)。

昔とここが違う、在籍確認

新規の申し込みにしろ、増額にしろ、在籍確認は嫌い、苦手!という方は非常に多いかと思います。自宅や自分の携帯電話に連絡がくるのであれば(自分が申し込んだことなので)仕方がないと思えても、職場に連絡がくるというのはヒヤヒヤしますよね。

もしかしたらバレてしまうのではないか、何か周りに不審に思われないか…などなど。実際お金を借りていることがバレていなくても、よくわからない個人から会社に電話があるなんてワケアリでは?と捉えられてしまうかもしれませんし…。

昔は適当な会社名を名乗ったり、こちらが指定した会社名と合わせて在籍確認の電話を行うこともよくありました。基本、職場に個人名から電話がかかってくることがない方であればこの方法ならより安心出来たと思います。

しかし現在は残念ですがその方法を取ることが出来なくなりました。なので個人名で在籍確認を行うしか出来なくなってしまったんですね。今でもネット上では「適当な会社名を名乗ってもらえばOK」と書いてあるところもありますが今は出来ませんので注意してください。

在籍確認を乗り切るには

フクホーをはじめ、消費者金融などでお金を借りるなら避けられないものが在籍確認です。うまく乗り切るにはどうすればいいのか?といろいろと策を練る方、結構多いかと思います。

個人的には会社の人に「在籍確認が来ます」と言ってしまうのが一番の解決方法かな~、なんて思いますね。

「よくわからない不審な電話」がくるからちょっと怪しまれたり「なんだろう?」と思われるのであって、事前に「在籍確認のために個人名で電話が来るかもしれません」と伝えてしまえばいいんです。

そうすれば他の人が電話に出たとしても、「ああ、そういえば在籍確認の電話がくるって言ってたな」と思ってくれますので不審に思いません。(全く思わないことはなくても、かなり怪しさは軽減されるはずです)

「なんの在籍確認?」と聞かれたら、「クレジットカードです」とでも言っておきましょう。ウソをつくことにはなってしまいますが心の平安には変えられません(笑)。

まあ、ここまで在籍確認を怖がる必要はありません。非常にあっさりしたものですし増額を考えているくらいなら在籍確認なんて余裕!ですよね。

気になる3:いつから増額OK?

ここも気になるポイント!フクホーでは一体どのタイミングから増額が可能なのか?という点を調査してみました。

早いと嬉しく、遅いと他社の利用も考えてしまうのがこの「増額申し込みが可能になるまでの期間」ですよね。

フクホーは最短3ヶ月!

調べた結果、フクホーの場合は最短で3ヶ月(返済3回)で増額の申し込みが出来るようです。また、属性がいい方(いわゆるお金払いがいい方…ですね)は3回目の返済のタイミングで「増額しませんか?」といった案内がくることもあるようです。

正直言って、支払い3回目で増額が出来るのは非常にレアといいますか、あまり他社では見られない早さです。

他の会社は半年以上必要

仮に他の消費者金融などで増額を考える場合は最低でも半年、1年以上は利用し続けたほうがいいと言われています。

何故かというと、借りてすぐの増額の申し込みは

  • その人は本当にこれからも返済できそうなのか?
  • きちんと滞りなく返済出来るのか?
  • お金の借り方のバランスはどうか?

といったその人のお金の使い方というか、返済能力と言われるものを判断しにくいからです。

仮に最初の数ヶ月はきちんと返済していても、半年を過ぎてから返済が滞ってしまう…そんなケースはかなりあります。もしそれが判断出来ない期間(最初の数ヶ月ですね)のうちに増額してしまうと、それだけムダに貸してしまったことになります。

最悪自己破産されるとその分は回収出来ませんからまるまる損してしまうんです。消費者金融も商売でやっていることですから、その点は慎重にならざるを得ないところなんですよね。

実際、「6ヶ月以上の利用がない場合は増額は受け付けません!」としている会社も多いです。それくらい増額に対しては慎重な姿勢の会社が多いってことなんです。

フクホーでも半年は様子見が吉

返済能力が高いと判断された場合は、フクホーの方から増額の案内が来る可能性がかなり高いです。「きちんと返済できている、かつこれからも借りてくれそうな人」ってとっても大事ですからね!

フクホーにかぎらずこのような優良な顧客の方は増額をしてでも囲い込んでおきたい…というわけです。

逆に数ヶ月フクホーでお金を借りていても増額の案内が来ない場合もあるでしょう。詳しい増額の条件はまたあとでご紹介しますが、最短である3回目の返済のタイミングでもフクホー側から増額の案内などが来ない場合があるかもしれません。

その時はフクホーが求める人材…なんて書いてしまうと就職のようになってしまいました。フクホーの「増額してもいい」という基準にまだ至っていないという判断がつきます。

そんな状態で「案内が来ないなら自分から!」と増額の申し込みをしたとしても増額が通る確率って高いと思いますか?…利用限度額を増額してでも契約を続けてほしい、そういった人であればすでに連絡は来ているはずです。

連絡が来ていないということが答えと考え、半年や1年とこつこつと誠意をもって返済し続けることが必要です。最短ではなくとも返済を真面目にしていれば「この人なら増額しても大丈夫だろう」と判断してくれるタイミングが必ず来るはずです。

より増額の成功率を上げたい場合は自分からは申し込まずにフクホーからの連絡を待つほうが吉です。ガマンできない!という場合は最低でも半年程度はきちんと返済をし続けてからの方がいいですね。

気になる4:増額の条件など

増額を申し込むにあたって重要なのは増額の条件や、増額の申し込みに必要なものがあるかどうかですよね。

増額の案内をもらっているのであれば条件の部分はパスできますが必要な書類などがあれば用意しなければなりませんし、自分から増額を申し込むのであれば条件を満たしていないとそもそも申し込めません。無理やり通しても審査には通りませんしね。

そこでこの気になるポイントでは、フクホーにおいて増額に必要な条件、及び増額の申し込みの時に必要な書類についてまとめました。

増額の条件・注意点

フクホーで増額を申し込む際の条件、及び注意点は以下になります。

  • 増額の申し込みはすでにフクホーを利用している人(本人)が行うこと
  • なにがしかの健康保険に入っていること
  • 現在働いており、収入があること
  • 他の消費者金融などのカードローンでお金を借りている場合、延滞をしていないこと
  • 現在フクホーから借りているお金を毎月きちんと返済していること

このあたりが条件、及び注意する点になります。大体は基本的なことばかりですがざっと補足がてら解説していきますね。

まずは本人が申し込むこと。まあこれは当たりまえですね。中には名義を貸して自分の名前を使って他の人がお金を借りている…なんてケースもあるかもしれませんが、名義を貸した相手が返済できなくなった場合、しわよせは自分にきます。

金銭トラブルの元になりますから、名義を貸すのも借りるのも絶対にやめておきましょう。かなりアウトなことなので、普通やっている人もいませんから問題ない条件かと思います。

次はなんらかの健康保険に入っている、加入していることです。国民健康保険や社会保険、共済組合でもなんでも大丈夫ですが必ず保険に入っていないといけません。あまり保険に入っていないという方はいないと思いますので、この条件も問題ないでしょう。

収入の面でもそうですね。増額を申し込むくらいですから、基本的にお金を借りることはできている(=審査には通っている)人ということですので、毎月安定した収入を得ている方ばかりかと思います。

最初借りたときは働いていたけど今は無職という場合、増額することは出来ません。フクホーなどの消費者金融では年収がない人に対してお金を貸すことは出来ないからです。例外として配偶者がいる方(専業主婦の方)であれば借りられますが、基本はNGです。

最後の条件、これが一番ネックという方もいるかもしれません。フクホーだけでなく他の消費者金融や銀行などからお金を借りている場合、その返済が滞っていると増額の申し込みが出来ません。

もちろんフクホーから借りているお金の返済が滞っている場合はそれ以上に(それ以上も以下もないのですが…)申し込みが出来ない状態です。まずはきちんと返済することから始めましょう。

★他社の借り入れ状況もわかる!★

他社で借りたお金の返済が遅れていてもフクホーにはわからないでしょ?と、思った方もいるかもしれませんが、そんなことはないんです。

消費者金融同士で共有しているネットワークのようなものがあり、そこに「どこでいくら借りたか」といった基本的なデータから、「今いくらまで返済できている」という現在進行形の返済データまでしっかりと共有されています。

こういった情報を管理しているところがあり、そこに加盟している会社であればそのデータを見ることが出来ますので、延滞していないフリをしていてもそのデータを見ればわかっちゃうんですね。

ウソをついてまで増額したい、その気持ちはわからなくはないですが印象はとっても悪いものになってしまいます。絶対にするのはやめましょう。

気になる5:必要な書類は?

増額を申し込むにあたって、改めてフクホーに書類を提出しなければなりません。

在籍確認も書類提出も必要なので、新規の借り入れと同じと思って申し込んだ方がいいかもしれません。「増額だからすぐに審査も終わるでしょ~」と思っていると、思わぬ時間と手間を取られる可能性がありますよ。

フクホーで増額を申し込む際に必要な書類について調べてみましたが、結構多いようです。

  • 免許証など、身分を証明できる書類
  • 給与明細書などの自分の収入がわかる書類
  • 本籍地が記載された住民票の原本
  • 健康保険証をコピーしたもの
  • 2名分の、両親や兄弟など親族の連絡先
  • 契約書類(一次審査通過後に送られてきます)

となります。基本的に消費者金融では、1社から50万円を超える借り入れを行うか、もしくは複数他社合わせて100万円を超える借り入れになるときに必ず自分の収入を証明できる書類を提出しなければなりません。

しかしながらフクホーの場合は借り入れ金額にかかわらず必ず収入を証明する書類が必要になりますので、きちんと用意しておきましょう(これは増額だけでなく、新規の申し込みの際でも必要になります)

また、あまり他の会社では必要とされませんが住民票の原本も必要になります。発行してもらうのが多少手間ですがこれも増額のため。書類不備で審査に落ちてしまうことがないよう、ちゃんと用意しましょう。

気になるのは親族の連絡先ですね。連帯保証人にされてしまうのでは…!?と、ちょっと怖くなってしまった方もいるかもしれません。しかしこれはあくまで保険であり、連帯保証人にされてしまうということはありませんので安心してくださいね。

そもそもフクホーのキャッシングは無担保・保証人なしの商品なので増額にあたっていきなり連帯保証人が必要になるということは基本的にないといっていいでしょう。仮に保証人が必要になるとしても事前に連絡がいくので知らない間に…ということはありません。

これらに加えて別途何か書類が必要になることもあれば、逆に不要となる場合もあるようです。現在どれくらいの借り入れがあるか、きちんと返済できそうかといった「返済能力」の違いで必要な書類も多少違うのだと思います。

気になる6:増額の流れは?

実際増額を自ら申し込む場合はどのような流れになるのか?どれくらい時間がかかるのか?などなど、結構気になるポイントですよね。

ここではフクホーで増額を申し込んだ場合の大体の流れをご紹介します。これから申し込んでみよう!という方には予行演習になるのではないでしょうか(笑)。

ネットか電話で申し込み

増額の申し込みはフクホーのホームページの「増額希望のお申込みはこちら」というボタンから申し込むか、フクホーに電話することで行えます。電話もインターネットでも24時間受け付けていますが、よりスムーズに進めるならネットからの申し込みの方がおすすめです。

申し込みが完了するとここからが「一次審査」となります。

フクホーは新規申し込みであっても同じなのですが、

  • 一次審査に可決した場合 … 電話またはメールにて連絡がある
  • 審査に否決した場合 … 連絡が来ない可能性がある

といった傾向があります。しかもこの連絡は審査が終わり次第ですので、大手の消費者金融のように数時間で連絡がくるとは思わないほうがいいですね。

口コミなどを見ると、3日くらい連絡がなければ否決と思っていいようです。が、人によっては1週間後くらいに連絡はなかったものの契約のための書類は郵送されてきた…というケースもあります。

少なくとも3日くらいは連絡がなくとも待ってみて、1週間くらい何も連絡がなければこちらから一度問い合わせてみたほうがいいのかもしれません。

契約書類は郵送かコンビニで

一次審査に可決した場合、契約のための書類をこちらからフクホーに郵送(または店舗に持っていく)する必要があります。

契約書類の受け取り方は2種類あり、ひとつはフクホーから郵送してもらう形、もうひとつはコンビニのネットプリントで印刷する形です。

フクホーの契約書類のネットプリントに対応しているのは「セブン-イレブン」のみです。

セブン-イレブンのマルチコピー機から「ネットプリント」というボタンを選択し、審査結果と共にフクホーから教えてもらった「予約番号」を入力することで、セブン-イレブンのマルチコピー機で契約書類を印刷することが可能になっています。

必要書類と契約書類を提出

コンビニでプリントした、あるいはフクホーから郵送してもらった契約書類に必要事項を記入し、申し込みの際に必要な運転免許証のコピーなどの書類や給与明細書のコピーなどを同封してフクホーに郵送します。

フクホーの店舗は大阪にありますが、近くで店舗に直接行ける場合は店舗の窓口で契約することも可能です。郵送はフクホーに届くまでにタイムラグもあるので、近いなら直接行った方がいいかもしれないですね。

これでやった~増額だ!と喜んで思わずスキップしたくなるような気持ちになっちゃうかも…?でも、実はまだ気を引き締めていなければなりません。なぜかって?これからまだ「二次審査」が待っているからです。

「書類まで送ったのに落ちちゃうの!?」とガッカリされる方もいると思います…。たしかに、結構手間をかけて書類を用意して郵送して…となると、面倒ですよね。

しかし口コミでも新規での申し込み、増額の申し込みにかかわらず「書類を送ったあと否決になった!悔しい!」といった内容が結構よく見られます。具体的な増額の額もこの二次審査で決まるみたいですね。

書類を送ったあとに連絡があって、「○○円での取引となります」という回答を得られれば晴れて増額!となります。

振り込んでもらうもよし、店舗に直接お金を借りに行くもよし…!です。

知っとこう!増額する際の注意点

どこの金融業者であっても増額する際に注意しておかなければいけない点、知っておくべき点がいくつかありますので、それを最後にご紹介します。

増額を申し込むことの注意点を知らずに安易に申込をしてしまうと、今よりもお金が借りられなくなってしまう可能性もあるんです…!

増額は新規申し込みと同じ

増額って、すでにお金を借りているところに申し込むから結構簡単に出来るものと思っている方もいると思います。でも実はそれってちょっと違っているんです。

増額の申し込みをしても、実際行っている審査は新規申し込みとあまり変わりません。

新規で借りた当時と同じ会社に勤めていて、年収も変わっていないのであればスムーズに審査が進む可能性も高いですが、勤務先が変わっていたりお給料が変わっていたりする場合はその状態で改めて「どのくらいのお金をかしていいものか」を判断する必要があります。

なので、新規で借りたときは勤続年数が5年で年収が500万円だった人が、増額の申し込みをする際にはすでに転職しており勤続年数が半年、年収が700万円になっている場合評価が変わる可能性があるんです。
(⇒融資でかなり大事な勤続年数

その結果評価がよりよくなり、より多くのお金を借りることが出来るようになった(=増額出来た)のならいいのですが、逆に評価が下がってしまった場合…。

現在の利用限度額よりも少ない利用限度額になってしまう、つまり減額されてしまう可能性さえあるんです。

リスクを減らすなら別で

増額の審査に通らなかったとしても利用限度額が減額されるケースはそう多くはありません。しかし、「もしかしたら減額されてしまうかも」と不安な場合はあえて増額の申し込みをせず、別のところで借りる方が精神的にはいいかもしれません。

そのかわり増額したことによっての金利の変動などのメリットを受けることは出来ません。そのあたりは現在の自分の借りている状況や年収などと照らしあわせて考えるのがいいでしょう。
(⇒融資の金利ってどんな風に変わる?

トピックス
ページトップへ