フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!

フクホーの審査に落ちた!?考えられる原因はコレ!

フクホーは比較的利用しやすい中堅消費者金融です。ですが、申し込んだ人全てが利用できるというわけではありません。審査に通る人、そして落ちてしまう人がいるのです。審査に落ちるということはそれなりの原因があります。

フクホーの審査に落ちてしまった原因、考えられるのは収入、債務状況いずれかに不安要素があると判断されたと考えられます。どういう収入状態、債務状況だと不安視されるのか確認してみましょう。

審査通過には収入の安定が第一!

審査通過のために絶対必要なのは安定した収入です。他の要素は多少問題があっても総合的にカバー出来ることもありますが、収入が安定していると判断されなければ審査に通ることは極めて厳しいと言えます。

収入が安定しているという判断に必要な条件を押さえておきましょう。

  • 毎月一定の収入を得ている
  • 勤務先が安定している
  • 勤続年数が長い(最低1年以上)

これらの条件を満たしていれば安定した収入があるという判断をすることが可能となります。勤務先の安定というのは曖昧な表現になりますが、業界的に不安定ではない、収益が不安定だと言われている業界ではない、と考えてください。

自営業や水商売になると、どうしても不安定だという判断にされてしまいがちです。ですが、勤続年数の長さと一定の収入を得ているという実績でカバーすることは可能です。(参考ページはこちら→融資で欠かせない勤続年数について

収入の安定は審査通過のための必須条件
月々の変動がない一定の収入、一年以上の勤続年数
ここを最低限押さえておくようにするのが好ましい

勤続年数は急に増えるものではありませんから、今お金を借りたいという状況であれば仕方はありません。ですが、出来るだけ長く勤めた方が審査では有利になるのは確かです。

正社員である必要はありませんが、毎月一定の収入を得ていることは重要です。パートでもアルバイトでも、定期的にシフトに入ってある程度収入を得ておくようにしましょう。

不利になる債務状況とは

フクホーの審査で不利になる債務状況、それは多重債務、そしてブラックであるという事です。ただ、多重債務なら必ず審査に落ちるか、ブラックだと絶対に利用できないか、そういうわけではありません。あくまでも審査で不利になってしまう要因の1つです。

審査で不利になるのは、返済能力が不安視される要因となるものです。多重債務は複数の借金返済を行っている状況ですよね。そうなれば、返済金額も少なくはないでしょうし借金の管理も大変です。返済日を忘れてしまうかもしれませんし、返済できなくなってしまうかもしれません。

返済に対して不安要素が発生するので、多重債務は審査で不利になってしまうのです。同様に、ブラックである場合も返済してくれるかどうか分からない、またスムーズな完済が出来ないかもしれないという不安が残ります。ですから不利になってくるんですね。

これはフクホーだけではありません。金融機関、他の消費者金融からお金を借りようとするときも同様です。スムーズに返済出来ないかもしれない要素を持っていれば、どうしても審査に影響してしまいます。不安要素をできるだけ減らすことが審査通過のために必要となるのです。

ブラックという状態は審査に不利にはなりますが、ブラック=融資不可、という事ではありません。融資をする、しないを決めるのは融資をする側です。信用できればお金を貸しますし、信用できなければ貸すことは出来ません。それだけの事なのです。

ブラックになると信用が大きく欠けてしまいますから審査通過は難しくなりますが、きちんと収入があって返済能力があると今判断されるのであれば、利用することも可能となりますよ。
(⇒融資審査に通る為の極意

多重債務は改善することが可能

現在複数の借金がある、いわゆる多重債務状態にあるのであれば審査では不利になってしまいます。ですが、多重債務を解消する方法があります。それは借金を一本化する、まとめるという方法です。

借金を一本化するメリットは審査に落ちてしまうリスクを減らすというメリットがあります。ただし、それだけではありません。一本化すれば金利の支払総額を減らすことが可能です。返済負担を減らすことが出来るという事なんですよ。

また、一本化することで借金の件数が減りますよね。そうなれば借り入れ審査で不利になる「多重債務」という状況が解消されることになるのです。

他社に借金があるという状況は審査で多少不利にはなりますが、複数の借金を抱えているよりは不安要素として軽くなります。借金の金額にもよりますが、借金の返済が一本になれば管理もしやすくなり返済しやすくなるという点もリスクを低くすることに繋がります。

一本化は難しい事ではありません。おまとめローンという名前で商品化されていますし、総量規制の対象外にもなっていますからある程度高額になっても審査に通る可能性は十分にあるわけです。複数の借金があるという人は、是非一本化を検討してみて下さい。

金融機関の審査が厳しいのは何故?

金融機関は消費者金融よりも審査が厳しく利用するのが難しいと言われています。それは、消費者金融よりも審査のハードルが高く設定されているためです。収入の多い、少ないという事ではありません。

多重債務だとNG、そもそも他社借入があればNG、勤続年数が1年未満はNG、そういった1つ1つの項目のハードルが高めに設定されているという事です。特に、債務状況については厳しく審査されます。

金融機関からお金を借りる時には、返済するにあたって考えられる不安要素が限りなくゼロであることが理想であると考えておきましょう。ただ、金融機関の審査を極端に恐れる必要もありません。

毎月安定した収入が得られていて、特に借金経験がないのであれば審査に取る可能性は高くなります。リスクがないという判断になればOKという事です。逆に、少しでも不安要素があるのであれば金融機関の審査に落ちる可能性はあります。

リスクがある人に対して喜んで融資する人はいない、これは金融機関も消費者金融も同じであると言えるでしょう。審査が厳しいと言われていても、不安要素が無く信用できるとなれば審査に落ちることは無いのです。

フクホーが審査甘いと言われる理由

フクホーの審査は甘いと言われます。その理由は、債務整理中でも融資をした実績があること、そして他社で落ちた人でも利用することが出来たという実績があることがその理由でしょう。

基本的に債務整理中のようなブラック状態では審査に通るのが難しいと言われていますが、フクホーでは審査に通ることができます。もちろん全員ではありませんが、今の収入や勤務状態などの属性が良好であれば、利用できる可能性があるわけです。

大手の消費者金融よりは審査が甘いというのは確かですし、中堅の消費者金融の中では比較的知名度もあるフクホーですから、安心して利用することも出来ます。創業から利用者に支えられ、営業することが出来ているのは審査の通りやすさ、安心感も要因でしょう。(参考ページはこちら→フクホーの安心感は口コミからも伝わります

フクホーは比較的審査が甘く利用出来る可能性が高い
しかし、条件によっては審査に落ちることもある
返済能力が認められれば他社で落とされても利用できる

審査が甘いから良い・悪い、厳しいから悪い・良い、という事ではありません。利用金額・金利などの条件、審査ハードル、総合的に見て自分がどこを選ぶのがベストなのかを考えることが重要だと言えるでしょう。

トピックス
ページトップへ