フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!

また金欠!フクホーは完済後も再利用することが可能!

お金に困った時にフクホーを利用して、すでに完済しているという人は多いでしょう。しかし、お金に困る事態に陥るのは1度だけではありません。様々なタイミングで金欠は訪れますし、その都度対応しなければいけません。

フクホーは完済後に再度利用することが可能となっています。申し込みをして審査を受ける必要はありますが、問題なく完済したのであれば他の消費者金融に新規で申し込みをするよりも利用しやすいというメリットがあるんですよ。

完済後の申し込み方法

フクホーを再利用するときには、新規利用と同じように申し込みをして審査を受ける必要があります。インターネットの申し込みフォームから24時間申し込みをすることが出来るようになっているので、申し込みをしたいと思った時にいつでも、どこからでも申し込みが可能です。
(⇒フクホー再利用の仕組みとは

利用するにあたっては来店の必要はありませんから、フクホーの店舗に行くことが出来ない人でも利用することができます。再利用するときの申し込みフォームは新規申し込みフォームとは異なりますので、間違えないように注意が必要です。

申し込みが終われば、審査、契約、振り込みによる融資実行と新規利用時と同様な手順を踏むこととなります。再利用だからと言って審査が免除になる事はありませんから、審査に落ちないような与信状態である必要はあります。(参考ページはこちら→フクホーの審査に通る為には

  • 無職
  • 他社借り入れで延滞がある
  • 健康保険に加入していない

これらに該当すれば審査に通ることは出来ません。しっかりと収入を得て、債務状態に問題ないようにしておくことが審査に通るために必要になるというのは、新規申し込み時と変わらないのです。

審査結果連絡の番号をチェック!

フクホーから申し込み者本人に電話が来ることがあります。申し込み内容の確認、そして審査結果の連絡です。個人用の携帯電話や自宅への電話であれば、知らない番号からの着信には出ないという方針の人は結構いるでしょう。

ですが、それがフクホーからの着信であれば応対する必要があります。連絡が取れないということになれば、審査に必要な事項の確認が出来ない、審査に通っていてもお金を借りることが出来ないという事になってしまいます。

フクホーの番号があらかじめ分かっていれば取り損ねる心配もありませんから、しっかりチェックしておきましょう。フクホーからの連絡は全て「0570-666-294」この番号から着信があるようになっています。

携帯電話や固定電話のアドレス帳などに登録しておくか、覚えておくと良いですね。せっかく通った審査が無駄になるようなことが無いようにしておきましょう。

新規申し込みと違う点はココ!

フクホーの新規申し込みと再利用申し込みは、申し込み方法も手順も変わりません。ただ1点違うのは再利用の場合は申し込みフォームで総取引期間を記入するという点です。ここを記入することで、以前利用していたという事、再利用の申し込みであるという事が分かるのです。

申し込みフォームを間違えてしまうと、総取引期間を記入する項目がありません。つまり、以前取引をしていたことを伝える手段がなくなってしまうのです。申し込みフォームは間違えることが無いよう、注意しておきましょう。

ちなみに、フクホー返済途中で金欠になってしまった、新たにお金が必要になったという場合は増額申請をすることも出来ます。増額申請もインターネットで24時間申込むことが出来るようになっていますね。そして、新規や再利用とは申し込みフォームが異なります。

増額を希望する場合は、前回融資からの期間が何か月間なのか、増額の申し込みは初めてなのか、前回があればそれがいつなのかを記入することになります。

その他の項目については新規・再利用申し込みと変わりませんので、増額を希望する場合も申し込みフォームを間違えてしまえば増額希望なのかどうか知ることができません。申し込みフォームは公式ホームページに3つ、分かりやすく設けられています。

再利用申し込みはインターネットから24時間申し込みが可能
新規申し込みと違い、総取引期間を記入する必要がある
申し込みフォームを間違えると記入項目が異なってしまうので注意が必要

新規でも再利用でも増額でも、フクホーは申し込みが24時間インターネットで可能であるということは同じです。ただし、申し込み時の項目が異なるということは頭に入れておくようにしたいですね。

再利用申し込み、増額申し込みどちらの場合も、クリック前によく確認するようにしてくださいね。

再利用の方が有利なことも

新規申し込みよりも再利用申し込みの方が審査で有利になるという事があります。それは、利用者の情報が既にフクホー側に存在しているという点です。

新規契約時には、返済能力は審査で確認したとはいえ本当に毎月しっかりと返済する人なのかどうかを確実に判断できたかどうかは不安が残ってしまいます。収入がいくらあっても返済に対してルーズな考えを持っている人である可能性もありますからね。

ですが、再利用の場合は前回フクホー利用時の返済実績がどうだったか、遅れるようなことは無かったか、問題は起こさなかったか、そういった情報が残っていることになります。審査の際、過去に問題なく完済した実績があるというのは強みとなるのです。

ただし、逆に以前利用した時に延滞をした、返済が滞ってしまった、問題を起こしたという経験があれば審査に通るのは極めて難しくなります。問題があった記録も当然フクホーには残っていますからね。信用に欠けるという判断になるのは間違いないのです。

以前利用時に問題がなくスムーズに完済出来ていれば審査で有利になる
逆に何か問題があれば審査で不利になり利用できない可能性が高い
フクホー利用時は再利用の事も考えてしっかりと完済するようにしておこう

フクホーだけではありませんが、何か借金をするとき、支払いをするときは期日をしっかり守るようにしておきましょう。それが次に何か申し込みをするときに足を引っ張ることがないように気をつけておきたいですね。

完済できる金額を借りよう!

再利用は比較的利用しやすい傾向にはありますが、だからと言って自分が返済するのが厳しいような金額を希望するのは得策ではありません。借りたお金を確実に完済できる金額をあらかじめ試算してから申し込みをするようにしましょう。

返済が滞ってしまい、延滞が数か月になるとブラックになる恐れがあります。予定通り完済できないという事になれば債務整理の必要も出てくるでしょう。債務整理をすれば、任意整理にしろ、自己破産にしろ、ブラック扱いになってしまいます。(参考ページはこちら→あらゆる債務整理はすべきでない

ブラックになれば個人信用情報の情報が削除されるまでの期間新規のローン審査に通りにくくなるというデメリットがあります。キャッシング、カードローンだけでなくカーローンや教育ローンなどの目的別ローン審査も通らないかもしれません。クレジットカードも作りにくくなるでしょう。
(⇒ブラックリストの詳しいリスクについて

ブラックが削除されるまでの期間は最低5年以上となっていて決して短いものではありません。最初から計画的に、確実に完済できる金額を申し込むということを心掛けましょう。

トピックス
ページトップへ