フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!
フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!【マネCAN】 > 借入申込みをする前に知っておくべきこと > フクホーの一次審査を多くの人が楽に通過するための条件まとめ

フクホーの一次審査を多くの人が楽に通過するための条件まとめ

現代ではカードローンというと、銀行やサラリーマン金融を選択されている人が増えています。昔と違い、何気なく仮審査を受けられるようになっているので、誰でも気軽に審査を受けられるようになりました。

その為、フクホーでカードローンを検討されている方も増えています。フクホーは30年以上の実績があるサラリーマン金融ですが、一次審査などについても柔軟に対応してくれることで有名です。

借入などで困っている人や、初めてのカードローンを安心して持ちたいという方にはフクホーはオススメです。また、下記の案内を元にして一次審査の詳細を知っておくと、フクホーをはじめとして多数の金融業者で借入が楽になるケースが増えるとされています。

そもそも一次審査とは何なのか

すでに一次審査について知っている人も、できれば一次審査の案内を読んでいただきたいです。

その理由ですが、一次審査というのは昔と今では様変わりしているからです。フクホーの一次審査であっても、それは同じとなっていますので、なるべくサラリーマン金融で余裕をもってカードローン契約をしたい、という場合には知っておいたほうが良いかと存じます。

肝心の一次審査の内容についてですが、下記のような審査を行うために、一次審査が存在しています。

  • 正確な属性(信用情報)をスコアリングするため
  • 嘘の申告をせずにローン申請をしているかのチェック
  • 電話などの対応において問題がないかの確認

一次審査にかかる時間

フクホーの一次審査は、クチコミサイトのクチコミを見ていると、フクホーは他よりも時間がかかるという評価が目立つので、よほど遅いのではないか?と思っている人がいますが、原則としてフクホーは即日対応を心がけて審査を行っています。

カードローンに不安を覚えている人は、基本的にカードローン審査そのものに対して、「すぐに終わらないのでは?」とか、「根掘り葉掘り聞かれるのは嫌だな・・・」と思っている人が多いです。

女性がカードローンを積極的にしない理由でも、このような理由が特に多いという結果になっています。ですが、今では「システムによるスコアリング」が行われるようになっているので、銀行やサラリーマン金融の一次審査は全体的に遅くありません。(参考ページはこちら→融資審査の仕組みは大きく変わりました

一次審査と融資にかかる時間の概算は下記の表のとおりです。

金融業者 審査時間
銀行 最短1時間以内

速く感じるかも知れませんが、あくまでも大手銀行でカードローン審査を受けた場合です。銀行によっては、1時間ではなく1~3日以内と定めている銀行も存在するので、全銀行に最短1時間以内が適用となるわけではありません

サラ金 最短30分以内

銀行と比較するとサラリーマン金融(略称:サラ金)のほうが審査は速いです。サラリーマン金融のキャッチコピーである「即日融資」に対応するため、大手サラリーマン金融では10分以内を掲げている業者まで存在します

フクホー 最短即日

フクホーは最短即日を掲げてカードローン審査を行っています。なので、審査時間についてもカードローン申込をしてきた相手によって違います。この点が、他のサラリーマン金融との違いに繋がっています

フクホーは安心して借りられる

インターネットでフクホーについて調べていると、「フクホーなら安心して借りられる」というコメントを良く見かけます。

どうして安全とされているのか気になる・・・という人もおられるかと思います。その理由ですが、フクホーは創業30年以上の老舗なので、それを頼りにしてカードローン審査を受けている人が多いからです。

実際にサラリーマン金融の大手について調べてみると、20年近くか20年以上で運営されている業者が多いです。これを前提にフクホーを見ていくと、特に安心して借りられるカードローン業者であるのは確かでしょう。

また、フクホーは中小サラリーマン金融とされているだけなので、審査において何か問題があるというわけでもありません。一次審査についても、人によっては綿密に審査をしてくれるようになっているので、誰が利用しても同じというわけではないのです。

さらに、下記のような人もフクホーなら安心して借りられるようになってます。

  • 正社員以外で雇用されている人
  • 個人事業主で経営されている人
  • すでに他社から借入をされている人
  • 借入やおまとめローンを検討している人
  • 過去にブラックとして記録されてしまった人

フクホーで地味に嬉しいのは、一次審査で「派遣社員、パート、アルバイト」を落とさない点です。

銀行では、年収100万円(もしくは150万円)でカードローン審査の基準を設けています。基準が存在するので、どうしても柔軟な対応ができない・・・場合が多く、人によっては微妙な借入と年収のために利用できないケースまであります。

しかも、そのような対応をされても「メールや電話では一切教えない」決まりになっているので、カードローン申込をされた方は「審査の結果で落とされてしまった?」という状態になってしまいます。

基本的に、銀行やサラリーマン金融に関係なく、一次審査の内容と合格・不合格に関する情報は、カードローン申請をした本人から連絡があっても、個人信用情報に関係する情報なので教えられないとなっています。

フクホーの場合、この一次審査の時点で落とされてしまうという人は、他の金融業者と比較すると非常に少ないというメリットがあるのです。

ブラックでも大丈夫とは?

昔から、電信柱などに貼られている広告を見ると、「ブラックの人でも大丈夫」とか、「ブラックで借りられなくなった人でも50万円以上可能」といった広告を良く見かけます。

ブラックとは、個人信用情報上で金融に関してトラブルを起こしてしまった人を言います。また、その情報を取り扱っているのは個人信用情報機関です。

個人信用情報機関とは、銀行やサラリーマン金融が加盟している機関のことです。CICという機関が特に有名。加盟しているかどうかは、金融業者の公式サイトにある個人信用情報の取り扱いのページなどに、詳細が書かれている場合が多いとされています。

昔はフクホーだけでなく、他の金融業者でもこのような宣伝をされているところが多かったものです。

ですが、近年では個人信用情報は機関に登録されている情報を元にして、システマチックに自動判断されるようになっています。つまり、ブラックであるのを偽ってもすぐにバレてしまうように変化しているのです。

ちなみに、よくある虚偽の情報に関しては、下記のような情報で申告されるケースが多いとされています。間違って下記のような対応をしてしまわないように注意しましょう。

具体例 注意点
年収を偽る カードローン審査を受ける場合、「なるべくお金に余裕があるように見せておきたい」と考えて申請される人は多いです

ですが、年収に関する情報の確認のため、フクホーなどでも収入証明書類の提出を義務付けていたりします。簡単にバレてしまう項目のため、その時だけごまかせればいい・・・という気持ちで、偽ってしまわないようにしましょう

仕事先を偽る 現在、無職ということでカードローン審査の際に、つい最近まで勤めていた会社に、現在も勤めているような形で申請をするケースのことです。フクホーでも在籍確認を行っているので、基本的にバレないままで済むということはありません
借入件数・金額を偽る 人によっては、偽る気持ちがなかったとしても、偽ってしまう項目がこちらです。借入に関してはメモを用意しておき、そちらに集計するようにしておきましょう。記憶を頼りにして申告すると、後になってトラブルの元になります
電話の対応で偽る フクホーでもそうですが、近年では電話による対応も重要とされています。なので、電話などでも「借入に余裕があるように見せる」のはやめておきましょう。通話記録として保存されるため、後になって一次審査などに影響を与えてしまいます

フクホーでも属性は大事です

最近になって知られるようになってきましたが、属性によるスコアリングはフクホーでも行っています。

属性とは、単純にまとめると本人がどれだけ高い評価を抱いているのか、明確にするための項目のようなものです。銀行やサラリーマン金融に関係なく、属性によるスコアリングは行われているので、近年では重要な項目となっています。

ちなみに、スコアリングについてですが、単にスコア(点数)を計測しているわけではありませんので注意してください。

スコアリングとは、主に一次審査で行われるシステムによる評価と、実際にカードローン申請者と連絡を取り合った、一次審査の対応をしているスタッフによる評価です。

主に点数を付けているのはシステム。そして、人によるスコアリングでは、さらに業者の規定の範囲ではどこまで貸せられるのか?の最終チェックです。つまり、属性力が高い人イコール借入額が大きくなる人・・・ではないのです。

人によるスコアリングですが、フクホーでも下記のような対応で点数を下げられてしまうとされています。

  • 過去に金融業者でトラブルを起こしている
  • 短期間で何度も審査を受けている
  • フクホーのみで何度も審査を受けている
  • 審査の度に申請内容が食い違っている
  • 電話対応などで中傷的な言動が目立つ

フクホーでも、これほど細かい対応を行っています。これらは、業者側は一切説明してこない内容となっているので、予め知っておいた対応していく意思が必要です。少しでもカードローン審査で良い目を見たい人は、面倒でも対応されておいたほうが良いでしょう。

属性に傷がない場合は不安定

前述の属性に関する案内を読むと、属性は高ければ高いほどいいのであれば、いっその事カードローンを利用していない状態が良いのかも?と、思ってしまう人もいたりします。

ですが、こちらについても最近では問題視されるようになってるので注意しましょう。

というのも、まったく利用されていない人は、カードローンの一次審査で曖昧な評価のされ方をするからです。例えば、50万円借りられるだけの状態であったとします。ですが、フクホーをはじめとして金融業者の審査結果では30万円前後でした。
(⇒後からもっと借りる事もできる?

どうしてこのような評価になったのか?というと、それは「今まで借入されたことのない人なので、どれだけ貸していいかが不明」だからです。

実際に人によっては、借金をするようになってから借金を繰り返す人もいますし、まったく利用しないままの人だっています。

前述の2パターンは、「業者側の利益にはあまりなっていない」場合が多いので、カードローンの初回借入に関しては、大きな借入にならない場合が多いのです。できるだけ、他社などでカードローン実績を作っておいたほうがいいでしょう。

主に重要とされる属性

前回、属性は一次審査でスコアリングされると案内しました。

ですが、明確な審査内容について触れていなかったので、どのような属性であれば、カードローン審査において高評化なのか、下記の表を参考にして知っておいたほうが良いです。
※「主に重要な属性」で構成されています。全属性ではありませんので注意してください

属性 評価:高い 評価:普通 評価:低い
年収 400万円以上 200万円~399万円 200万円未満
勤務先 公務員
大企業
中小企業
自営業
パート
アルバイト
勤続(居住)年数 10年以上 1~5年 1年未満
家族構成 家族と同居 家族と別居 独身で家族と別居

健康保険は種類で評価が違う

フクホーでも、健康保険の種類によって評価を変えています。

下記の健康保険の種類は、評価の高い順で並べ替えされているので、自分が加入している保険の種類を確認し、保険だけの属性ではどれだけのスコアリングとなりそうかチェックしてみましょう。

  • 共済組合:公務員の健康保険
  • 組合保険:大企業の健康保険
  • 社会保険:中小企業の健康保険
  • 国民健康保険:自営業、パートやアルバイトの健康保険

フクホーで一次審査を終えた後

ここまで読んで下さった方であれば、「フクホーといってもそこまで不安を覚えずに一次審査を受けられる」ということが、良くわかっていただけたかと存じます。

そして、無事に一次審査を終えた後ですが、次はフクホーの二次審査となり、二次審査も無事に通過するとカードローンによる融資が行われます。一次審査が非常に重要とされているだけなので、二次審査に関しては作業的な内容が多く含まれています。

ステップ 内容
1.申請内容の確認 カードローン申込者の申請内容に偽りがないかを細かくチェックします。本人や家族構成などの細かい情報が、念入りにチェックされます
2.延滞記録の有無を確認 延滞記録とは、同業者(主に銀行やサラリーマン金融)のカードローンの返済で、延滞(遅延とされているもの)がなかったかの記録です。もし多く見つかった場合は、フクホーでも借入金額の見直しがされたりしますので要注意です
3.ブラックの確認 今回、フクホーの一次審査でブラックに関する案内もさせていただきました。ですが、ブラックというのは人によって状況が違ってきますので、債務などの整理に関する情報を、再度、スタッフ側でチェックするなどもされます

過去にフクホーでブラックとして記録されている場合、この審査のみで審査続行が難しくなる場合もありますが、これはフクホーだけでなくどこの金融業者であっても対応は同じです

4.審査通過の案内 1~3のステップを無事に通過している場合、審査に通った旨を案内してくれます。ただ、一次審査で特にフクホーから何も言われていない場合、二次審査に関しても無事に通過できる割合が高くなります

通常では、一次審査の時点で「申し訳ございませんが・・・」というメールが届き、審査で落ちたことを多くの人が理解できるようになっています

5.書類の郵送 カードローン関連の書類が郵送されてきます。審査の申請はインターネットのみで行えますが、書類に関しては後に必要な分が郵送されてくるようになっています

郵送物を受け取った後、契約書(複数の書類)に記入を行ってから、後は返信用封筒に契約書の一部を入れて返送するだけで、契約は無事に完了となります。後は、融資を受けてから好きなことにカードローンを利用されるだけです

フクホーと総量規制

フクホーであっても総量規制がかかっています。

総量規制とは、年収の3分の1までで借入が制限される規制のことです。フクホーといったサラリーマン金融では、50万円以上でも貸せます・・・という案内が見られますが、平均的にこの金額で総量規制がかかると思っておいて良いでしょう。

また、銀行では総量規制対象外となっています。総量規制に関しては、難しい説明などがインターネットで目立つようになっていますが、実際は「どれだけの金額をローンにおいて可能なのか」というだけです。(参考ページはこちら→総量規制を意識して借りるには

わかりにくいものとして、以下のような金融商品と総量規制の関係がありますが、下記を御一読されていると、基本的に総量規制で不明な点はかなり少なくなります。

下記の案内は、フクホーを元にした総量規制のFAQとなっています。

フクホーのカードローンでお悩みの方にとって役立つ情報で構成されているので、宜しければ御一読をいただければと存じます。

Q.フクホーでは200万円借りられるとあるのですが?
A.200万円は融資限度額です。融資限度額とは、借入において最終的に高評価の相手に貸し出す金額のことです。フクホーでも信用第一でお金を貸していますので、いきなり200万円借りられることはありません。

総量規制でどうして200万円も借りられるのか?についてですが、人によっては転職により年収が大幅に増える人もいますし、借換やおまとめローンなどで、どうしても200万円ほどでローンをしないと、返済計画上カードローンが難しくなる人もおられるからです。

Q.借り過ぎているとフクホーの一次審査にも影響を与える?
A.そのようなことはありません。

借り過ぎている場合、フクホーであれば一次審査の時点で、どのような目的・金額であれば借りやすいのかを教えてくれます。不安な場合、フクホーにメールや電話で相談をしておくと、借り過ぎていても安定してカードローンが組めます。

Q.フクホーで安心して審査を受けられる、ローン件数・金額のようなものはありますか?
A.特にありません。

サラリーマン金融では、4件以上のカードローン、100万円以上の借入から審査が厳しくなるとされています。人によってはこれ以上の状況に関わらず、フクホーの一次審査を突破されている人もおられるので、特に細かい規制のようなものがあるわけではないです。

トピックス
ページトップへ