フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!
フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!【マネCAN】 > 借入申込みをする前に知っておくべきこと > 他社で審査落ちした人もフクホーなら条件付きでチャンスがある

他社で審査落ちした人もフクホーなら条件付きでチャンスがある

サラリーマン金融には、大手と中小のサラリーマン金融が存在します。なぜ2種類の金融業者が存在しているのかというと、それは利用されるお客様が違ってくるからです。

人によっては、審査落ちしてしまった人がフクホーといった中小サラリーマン金融を使っています。ただ、多くの人は中小サラリーマン金融というのを、勘違いされていたりするために、あまり利用そのものに好意を抱いていないケースがあります。

しかし、今ではサービス向上となっている中小サラリーマン金融が増えているので、なるべく中小についても良く理解して、カードローン申込などをされたほうが、バランスの良いカードローンが可能とされています。

中小といえばフクホー

どうして中小サラリーマン金融では、よくフクホーが選ばれているのか?というと、それはフクホーは老舗カードローン業者として有名だからです。

また、中小サラリーマン金融の中には、本当に安心してカードローン審査を受けられるのかが、曖昧な業者まで存在していますので、中小サラリーマン金融そのものは避けられている人もいます。

ですが、クチコミサイトなどでクチコミを見てみると、そこまで中小サラリーマン金融に落ち度があるというわけでもありません。

重要なのは、フクホーといった安心できるカードローン業者を利用するかどうかです。主にフクホーには、下記のような長所がありますので、中小サラリーマン金融でカードローンを検討されている人には、是非とも確認して欲しいものです。

  • 書類数は多いが審査は大手より甘い
  • 借入額・金利ともに大手と大きな差がない
  • 借換カードローンに対応している
  • おまとめカードローンに対応している
  • インターネットからカードローン申込が可能

中小の審査が甘い理由

人によっては、今までカードローン業者の分類に中小サラリーマン金融があるというのを、まったく知らなかった人もいるかと思います。

なので、今回は中小サラリーマン金融の基礎知識について案内していきます。

中小サラリーマン金融とは、大手とは違い独自の活動でカードローン業者としての対応をしている金融業者。その為、エリア(審査対象の範囲)についても限定的である場合が多く、基本的に審査が甘い以外は大手よりサービスが劣る場合が多い。

中小サラリーマン金融というと、インターネットで調べた限りでは、このようなカードローン業者である・・・と良く書かれていたりします。ですが、中小サラリーマン金融の中でも人気の高い業者は、審査がかなり甘いことでも有名です。(参考ページはこちら→緩い審査を利用して確実に借りるには

なぜ?これほどまでに審査が甘いと言われているのかというと、やはり過去に起きた過払い金返還請求騒動が、キッカケになっているようです。

過払い金返還請求騒動とは、グレーゾーン金利分の利息について返還を求められた場合、返還に応じるという対応において、サラリーマン金融で起きた騒動です。サラリーマン金融の中には、過払い金返還請求で運営の継続が難しくなった業者も存在します。

過払い金返還請求によって、特に大打撃を受けたのは大手サラリーマン金融です。大手サラリーマン金融では、長期間で大量な契約者に対して、返還請求に応じる動きを見せていました。しかし、金額が大きかったために返還についても不安定であったりしたのです。

そのような背景もあり、今では「新しい借入先をカードローンユーザーが求めている」という状況になりました。以前まで使っていたカードローン業者以外でも、お金を借りるようにしたほうがカードローンライフが安定すると思ったわけです。

それから、審査の甘さや安定度などが追求されるようになり、大手サラリーマン金融だけでなく、中小サラリーマン金融も審査が甘いと知られるようになりました。

フクホーは30年以上の実績

中小サラリーマン金融というと、フクホー以外にも長く運営されているサラリーマン金融があります。

ですが、老舗として有名なのはごくわずかで、その中の1つがフクホーであったりします。フクホーはすでに30年以上の実績があるだけでなく、特殊な事情を持っている人でもお金を貸してくれることで有名です。

また、一般のカードローンユーザーにしてみると、「特殊な事情を持っている人でも貸す」というのは、なんだか怪しい雰囲気があって使いにくく感じるものです。

しかし、フクホーは「昔からそのような相手にもお金を貸していただけ」なので、他の中小サラリーマン金融とは違って評価されています。つまり、過去から現在にかけて安心できるカードローン実績が、フクホーには存在するということです。

さらに、中小サラリーマン金融で比較をすると、フクホーには下記のような特徴まで存在します。

  • エリア外からも申込が行える
  • 返済シミュレーションが存在する
  • 携帯だけでなくスマートフォン対応のサイトを用意している
  • 男性・女性のスタッフを通じて相談可能
  • 必要書類が中小の中では多様な部類

利用で発生するデメリット

前述までフクホーのメリットについて、主に目立つものを案内させていただきました。

ですが、中小サラリーマン金融で高い評価を受けているフクホーにも、しっかりとデメリットはあるので、そちらについても学んでおいたほうが良いです。

まず、フクホーで借換カードローンをした場合、基本的に金利面で他よりも低い金利でカードローンを組めるわけではありません。中小サラリーマン金融全体で見ても、似たり寄ったりとなっているので、中小サラリーマン金融そのものが金利面では微妙です。

ただ、重要なのは借りる金額によっては、丁度良い金利になっていることです。実際に金利のみで比較をしてみると、フクホーは下限金利以外はそれほど酷い金利ではありません。

  • 銀行:金利4.0%~14.0%のものが特に多い
  • 大手サラ金:金利4.0%~18.0%
  • 中小サラ金:金利7.0%~18.0%

補足となりますが、下限金利や上限金利というのは、以下のような意味合いで銀行やサラリーマン金融では使われています。

上限金利とは、カードローンといったローンをする場合には、最低金額で借りている場合に発生する金利です。4.0%~14.0%の場合は14.0%が上限金利となります。
下限金利とは、ローンをする場合の最高金額で借りる場合の金利です。融資限度額500万円の場合、200万円で4.0%などと決められていたりします。融資限度額は金融業者によって変わるので、定められた金額で借りられると下限金利が適用されるわけではありません。

フクホーの審査で受かる人

他社で審査落ちしてしまった人がフクホーを利用している場合が多いので、そのような人の特徴も含めて、フクホーの審査で受かるようにする方法を案内します。

まず、フクホーの審査で受かるようにするには、必要書類を面倒臭がらずに集めておく必要があります。フクホーは書類審査が面倒なだけで、審査そのものは緩い設定になっているので、この辺りを面倒臭がらないのも重要です。

次に大事なのは、借入件数をなるべく調整しておくということです。

借入件数というのは、今では個人信用情報機関という機関を利用すると、金融業者であれば簡単に照会できるようになっているので、時間にして数分で借入件数をごまかしてもバレると、思っておいたほうが良いです。

どうして個人信用情報機関で個人信用情報を照会できるのか?

上記について、ふと疑問に思う人もおられますが、正確にはカードローン審査を受ける上で、その旨についても同意されているので、同意後に業者は個人信用情報機関を利用しているだけです。申請申込書などをチェックしてみると、それに関する文面も記載されています。

具体的にどれだけで借入件数を調整するのかというと、なるべく3件未満にしておいたほうが良いと言われています。銀行やサラリーマン金融に関係なく、4件以上ではカードローン審査そのものが厳しくなることが今では有名です。

フクホーも中小サラリーマン金融ではありますが、そのような借入件数に対しても曖昧というわけではありません。なので、少額で借りているカードローンなどがある場合には、先に完済しておいたほうが良いです。

完済のちょっとした豆知識

カードローンが複数ある場合、1つずつ管理するのは面倒という人もいたりするため、人によっては返済中に遅延などを発生させる人もいます。

返済の遅延とは、具体的には約定日とされる口座引落がかかるまでに、必要な金額を指定口座に入金していない場合を言います。ただ、予め業者側に連絡をしておくと、他の対応を教えてくれるケースもあります。

なので、返済に遅れそうだからと諦めてしまわないようにしましょう。意外とこのような対応を知らない人が多いのか、数ヶ月に1回ずつといった感じで、何度も遅延を出してしまっている人がいます。

遅延を出し過ぎると、以下のような形で評価が悪くなっていくので注意してください。

  • 他からの借り過ぎを警戒されるようになる
  • 系列会社のデータに遅延の記録が残ってしまう
  • 酷い場合はカードローンの利用が停止になる

フクホーの審査で落ちる人

他社で審査落ちしてしまった人が、フクホーでも審査落ちしてしまうと、さすがに徒労感も強いかと思います。

ですが、今ではクチコミサイトといったサイトのおかげで、どのような相手だとフクホーでも審査落ちになってしまいやすいのか?が、段々と明らかになってきています。

具体的には、以下の条件を満たすような相手の場合、フクホーであっても審査では落ちてしまいやすいです。

  • カードローン審査を多数で受けて審査落ちしている
  • カードローン審査の際の素行が怪しいと問題視されている
  • 多数の業者で不安定な利用をしている
  • ブラックの人でブラックリスト入りが解除されていない
  • 借入件数・借入金額ともに多すぎる

上記の項目だけでは、内容がわかりづらいものが多いので、何点か抜粋して詳細の案内をさせていただきます。

不安定な利用をしている・・・についてですが、不安定というのは主に借りたり返したりが安定しないことを言います。

業者にしてみると、本当に信用して貸せるのかが不安になるため、年収やカードローン実績に問題がない場合でも、新規カードローンの申込を許可しない業者が多いです。

ブラックリスト入りが解除されていない・・・についてですが、ブラックリストというのは個人信用情報機関のデータ上で「ブラック」と記録されている場合を言います。

通常では、ブラックになっても1年以内で解除されるのですが、債務整理などをされていると、ブラックの期間についても平均的に1年以上になってしまう場合が多いです。過去に金融業者でトラブルを起こしていると、期間はさらに伸びるとされています。

借換カードローンも検討する

もし、他からのカードローン返済をゆとりをもって行いたいというのであれば、フクホーの借換カードローンを検討してみるのも良いです。

借換カードローンは、なんといっても返済回数が通常の約2倍になっているので、安心して返済できる強みがあります。

中小サラリーマン金融は、審査そのものが緩くなっているので、実はこの借換カードローンと相性が良いのです。もう1点メリットがあるのですが、フクホーは借換カードローンの期間が非常に長いです。

現在、借入しているローンで返済が苦しい・・・という場合には、フクホーといった中小サラリーマン金融も中々に使い勝手が良いというわけです。

借換カードローンの注意点

借換カードローンには注意点もあります。

以下はクチコミサイトなどを使った場合の借換のクチコミです。主に過剰な評価がされているものを抜粋してありますので、あまりこのような面で期待をしすぎないようにして、フクホーなどで借換カードローンを検討しましょう。

誤ったクチコミ 内容
借換は審査が非常に甘い これは今から数年以上も前の借換カードローンの話です。つまり、今では普通のカードローン審査と同じような審査がされています。業者で借換カードローンを選択すると、他のローンより審査が甘いというわけではないです
借換なら100万円以上借りられる 借換カードローンであっても、銀行以外の金融業者でローン申込をすると、賃金業法の影響で総量規制の対象となります。銀行で借換カードローンをした場合、大手銀行であればそのような対応が、可能であるケースもあります
借換は金利面でお得 金利面は「優遇金利の紹介」が見当たらなければ、0.5%未満の金利優遇しかないと思っておいたほうが良いです。今では、借換えというと金利より、金額のほうが優先されるようになっている為、銀行以外では金利優遇に繋がらない場合が多いです
借換をすると信用度がアップする 信用度は少額のカードローンをしていても、大きなカードローンをしていても大差はない場合が多いです。借換カードローンの場合、一度の返済額も小さいため借換で返済すると、信用度が特にアップするということもありません
借換をすると新規でローンできるようになる これは銀行で優先的に行っているサービスです。その為、サラリーマン金融でも対応しているように思われているだけなので、間違ってサラリーマン金融でも適用になると思い込まないように注意しましょう

フクホーのローン詳細情報

フクホーのカードローンと、借換カードローンの情報をセットにした詳細情報を掲載しています。

借入検討中の方は良ければご参考にしてください。

項目 カードローン 借換カードローン
融資限度額 200万円 200万円
金利(年率)、遅延損害金 7.30%~20.00%、20.00% 7.30%~20.00%、20.00%
返済期間(回数) 5年、2~60回 10年、2~120回
担保・保証人 不要 不要
返済方式 ・元金自由返済方式
・元利均等返済方式
元利均等返済方式
必要書類 ・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
※フクホーが必要と認めた本人確認書類なども含む
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
※フクホーが必要と認めた本人確認書類なども含む

フクホーの増額審査と条件

フクホーでは増額審査も定期的に対応しています。

増額審査とは、カードローンの借入は審査後に設定されるものが初回借入の限度額。また、その金額では不足と感じる場合には、利用者の申請により増額審査されるケースが存在する。通常は一定期間で見直しされることで増額審査となる。

また、増額審査されやすい条件は以下のとおりです。

  • 遅延が3回以上発生していない状態で返済を行っている
  • 返済を6回以上行っている
  • 目立ったトラブルがない
  • 新規の申込から住所・勤務先のどちらも変わっていない

フクホーなどの中小サラリーマン金融でもそうですが、近年では住所や勤務先にも評価が行われるように変わっています。なので、安易に引っ越しや転職はしないほうがいいでしょう。

もし、このような対応が生活上で必要という場合は、予めその旨をフクホーに連絡しておくと、カードローン審査においてもスムーズに審査される場合が多いです。(参考ページはこちら→フクホーの融資審査にうまく通過するには

中小サラリーマン金融でも、カードローン申込の前に相談することは可能ですし、特殊な事情がある場合でも、フクホーであればノウハウがあるので、安心して相談することも可能です。

他、カードローンそのもので不安がある場合、フクホーでは少額のみで借入をするカードローンプラン(10万円未満のカードローン)までありますので、そちらで借入をするかどうか検討されてみると良いです。

トピックス
ページトップへ