フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!
フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!【マネCAN】 > フクホーで増額できるかどうかが分かる記事集 > もうフクホーの追加融資で迷わない!?申込みチェックリスト!

もうフクホーの追加融資で迷わない!?申込みチェックリスト!

「フクホーでもっと借りたい!でもどうすればいいの?」実は大手企業とはちょっと勝手が違うんですよ。そこで、中堅業者フクホーの追加融資で迷わないための基礎知識をご紹介しましょう。最終章にチェックリストを掲載しましたので、お急ぎの方はラストからどうぞ!

追加融資って?

そもそもキャッシングにおいて追加融資ってどういうことなんでしょうか?フクホーで追加融資を実現するには、先ずそこから始める必要があります。

もっと借りたいとき

初めてキャッシングを申込んでお金を借りた後、翌月から早速第一回目の返済が始まりますが、返済中でもまた借りたくなることだってありますよね。どこで借りていたとしても、返済中に追加で借りることは自由にできるんです。

このように最初の借入後に再度お金を借りることを、追加融資を受けると言います。しかしこの追加融資にも、実は2つの種類があるんですよ。

手続き不要の追加融資

まず手続き不要の融資方法についてご説明しましょう。アコムなどのカードローンには、限度額が決められているのはご存知ですよね。この限度額の範囲内であれば、カードで何度でも繰り返し借りれるというのがカードローンの特徴になっています。

例えば50万円の限度額で審査に通った場合、最初に10万円借りたとしたら、残りの利用可能額は40万円になります。また返済すれば元本は元へ戻りますから、利用可能額は常に増えたり減ったりしていることになります。

この流動的な利用可能額の範囲内であれば、随時手続き不要で追加融資が受けれるのが、大手業者のカードローンなんですね。振込キャッシングというカードを使わない借り方でも、「利用可能額の範囲内ならば追加融資は自由」というのはやはり同じなのです。
(⇒カードローンとフリーローンは違う?

フクホーでは?

一方で中堅業者のフクホーでは、この「手続き不要の追加融資」というものがありません。後ほどまとめてご説明しますが、フクホーでは、利用可能額を設定し、その範囲内で借りるという利用方法を採用していないからです。

フクホーで「もっと借りたい」と思ったら、必ず手続きが必要になるのです。この手続きが必要な追加融資とは、具体的にはどんなものなのでしょうか?

手続きが必要な追加融資

例えばアコムやプロミス等で、追加融資に手続きが必要となるとしたら、どんなケースなのでしょう。それは利用限度額を全て使い切ってしまった後で、更にもっと借りたいという場合なのです。

そのためには現在の利用限度額を増やす必要があるため、新たに審査を受け直さなくてはなりません。このような手順で融資額を増やすことを、通常「増額」と言っています。審査ですので申込みと一定の手続きが必要となります。

フクホーでもっと借りたい時

フクホーで今よりもっと借りたい時には、この「増額」をすることになるのです。フクホーで追加融資を受けることは、つまり増額審査を受けることを意味しているんですね。

このフクホーの追加融資、つまり増額について、次の段で詳しくご紹介しましょう。フクホーの借り方の特徴と増額のことを理解すれば、中堅業者利用のコツが自然に身に付きますよ。先ずはフクホーの借り方についてです。

フクホーの借り方

フクホーにはカードがありません。それを含め、そもそもキャッシングのシステム自体に大手とはちょっとした違いがあるのです。(参考ページはこちら→大手には無いフクホーの違いとは?

カードがないということ

カードがないというのは、中堅の業者にはよく見られることです。フクホーでも、借入は全て銀行口座への振り込みという形を取ります。そこが大手のカードローンとは異なる点なのです。

しかしアコムやプロミスといった企業でも、カード利用と並行して振込キャッシングも当たり前の様に行われていますよね。でも振込であっても、限度額という利用枠の範囲内での繰り返し利用ができるという点には変わりありません。

フクホーは全額入金

一方でフクホーの場合、このような利用限度額の範囲内で繰り返し借りれるといった形での貸付を行っていないのです。審査後、借入額は全額が一度に利用者の銀行口座に振込まれますから、後は返済するだけということになります。

つまり一度の審査に対して、借入は一度きりなんですね。フクホーではこのような方法を採用しているので、カードローンのように限度額から少しずつ借りたり返したりといった使い方にはならないのです。

フクホーの追加融資の形

でも少しずつ借りたいのならば、フクホーから一括入金された借入金を、一度に使わずちょっとずつ利用すれば同じことになるのではないでしょうか?しかしこうすると、使っても使わなくても、利息は借入直後から全額分発生してしまいます。

アコムなど大手で借りる場合には、利息はいつでも利用分についてしか発生しませんから、もっと借りたくなった時のために、高い目の限度額で契約しておくことも出来るのです。しかしフクホーにおいては、必要分だけをきっちり借りる方が無駄がありません。

アコムなど大手:限度額内の利用分についてのみ利息が発生
フクホーなど中堅:借入額について利息が発生

つまりフクホーで借りる時には、最初はなるべく最低限の借入で利息を抑えておき、必要時に追加融資を受けるのがより合理的だということになるでしょう。

追加融資の方法

さてフクホーで追加で借りるには実際にはどうすればいいのでしょうか。先程も触れましたが、フクホーでは利用限度額が設定されている訳ではありませんので、今以上に借りようと思えば「増額」しかないということになります。でも増額ってちょっと面倒そうですよね。

誰でもすぐに出来る気がしませんし、増額希望って何となく勇気が要りますよね。でもフクホーではそのような心配は一切無用です。いつでも手軽にオンラインから増額の申込みをすることができるんですよ。

トップページから増額!?

何とフクホーではトップページのメニューに「増額希望」のボタンが設置されているんです。そこからすぐに申込みフォームへと移動できますから、どなたでもとても気軽に増額申込みが出来てしまうのです。

ここで再度審査を受けることになりますから、また申込み時と同じようなフォームに入力します。今回は新規申込みではなく増額審査ですので、前回融資からの期間とこれまでの増額申込み履歴、そして今回の契約希望額も選択しなくてはなりません。
(⇒審査に通る上で必要とされる能力とは?

金額に気をつけて!

ここで気をつけたいのが契約希望額の選択です。選択項目には以下の7種類があるのですが、これは新規の申込書における希望額選択と全く同じ形式なのです。

5万円 10万円 20万円 30万円 40万円 50万円 50万円超

増額ということで勘違いしやすいのですが、これは「今回増やしたい金額」ではなく「今回申込みたい金額コース」だということになります。もしも今10万円借りている人が、あと10万円借りたいとすれば、ここでは「20万円」を選択するのが正解ですよ。

フクホーでは貸付額は最高200万円までありますが、それはここでは「50万円超」の項目として一括されています。例えば100万円や200万円に増額したい場合も、全て「50万円超」として申込めばいいということになりますね。

「追加融資」だと思うとつい追加分のことだけを考えてしまうのですが、あくまで「増額」ですので「10万円から20万円への増額」だと考えれば間違いはないでしょう。

増額の条件は?

そこで気になってくるのが増額の条件です。フクホーではどんな条件をクリアすれば追加で借りれるようになるのでしょうか?

基本は同じ

フクホーの増額申込み条件は、基本的に初回申込みと同じです。以下のような人は申込むことができません。

  • 健康保険未加入の人
  • 無職の人
  • 現在他社の返済が遅れている人

ひょっとしたら申込み時にはクリアできていても、今回はダメという方もいるかもしれませんね。これを見ると、例えば他社で延滞していて、その補填の為にフクホーを利用するといったことは難しいようです。

でも他社での借入については嘘をついても無駄ですよ。フクホーも当然ながら信用情報機関であるJICCに加入しており、残りの2つの機関とも連携をとっていますから、どこで延滞があっても間違いなくばれてしまうでしょう。

返済実績は?

またフクホーの増額申込みフォームには、前回融資からの期間を選択する項目もあります。下がその選択項目ですが、各月数から1を引けば返済回数になりますので、これはそのまま返済実績だと捉えていいでしょう。

1ヵ月  2ヶ月  3ヶ月  4ヶ月  5ヶ月  6ヶ月  7ヶ月以上

通常大手消費者金融においては、増額審査には半年以上の期間が必要だと言われています。フクホーでも基本的にそれは同じでしょう。

但し増額の枠が非常に小刻みであったということから考えても、金額によれば半年以下でも増額可能なケースがあるかもしれません。しかしそうは言っても、たったの1ヶ月や2ヶ月で増額審査に通ることはやはり難しいでしょうね。

返済実績=信用

それにしても、返済実績ほどその人の信用を裏付けるものはありません。それはどのキャッシングでも同様なのですが、フクホーの場合、他で借りれない方の申込みも多いことを考えれば、よりこの返済実績を重んじる度合いは大きいのではないでしょうか。

フクホーでは最初の申込み審査に通りさえすれば、後は返済を真面目にこなして信用を増やすことで、少しずつでも増額していく道が開けていくと考えることができます。

キャッシングの申込み条件は、自分の努力だけではどうにもならない所もあるのですが、この返済実績は努力次第で何とかなる貴重なチャンスです。しかも半年程度という比較的短期間で結果が出せるのですから、この機会を無駄にするのは実に勿体ない話ですね。

金利を減らせる!

それに追加融資はただ利用額を増やすだけですが、増額にはそれ以外にも「金利を減らす」という意味合いがあります。そこで、フクホーの金利表をご覧下さい。

《貸付金額》 5万円~10万円未満  10万円~100万円未満  100万円~200万円
《貸付利率》 実質年率7.3%~20% 実質年率7.3%~18%  実質年率7.3%~15%

いずれの金額においても、ひとつ上のランクになれば必ず金利は低くなりますが、まだまだその金利は7.3%まで低くなる可能性があります。増額審査によって新たにより低い金利が適用されれば、返済もより楽になるでしょう。

増額は、どなたでもタイミングを見て試してみる価値があります。特にフクホーのように金額設定が細かいと、比較的気楽にチャレンジできますね。

チェックリスト

さて最後になってしまいましたが、これまでのまとめとしてチェックリストをあげておきましょう。

  • フクホーでは追加融資イコール増額になる
  • 最初は少ない借入額でこまめに増額するのがコツ
  • 返済6回目が増額のタイミング

以下に各項目の簡単な説明を付け加えましたので、ご参考になさってください。

追加融資イコール増額

フクホーにおいては、追加で融資を受けようと思えば増額審査を受けなくてはならないということは、ここでの大きなポイントになります。

大手企業のカードローンのように、限度額の中で自由に追加で借りるといったシステムではないため、もっと借りようと思えばその度毎に手続きが必要となります。そうかと言って念の為多い目に借りてしまうと、今度は利息が勿体ないという問題が出てきます。

追加で借りる度に増額審査を受けるのは面倒ですが、フクホーでは申込み項目も少なく、ネットからカンタンに手続きをすることができますよ。

最初の借入は最小限に

フクホーで少しずつ増額すると、金利も低くなってよりお得な利用が実現するでしょう。しかし一度に多額の借入をしてしまうと、返済が負担になってしまい、うっかり延滞でもすれば増額審査には不利な状況になってしまいます。

フクホーでは増額を前提に、最初の申込み時の借入額は最小限で抑えておくのがコツになります。フクホーの借入額は非常に小刻みの設定となっており、こまめに増額するのにはピッタリです。

増額のタイミング

増額のタイミングは、フクホーでも契約してから半年前後だと考えられます。但し希望額によっては、それより少ない回数であっても増額が実現する可能性もあるでしょう。

そのためにもいきなり高い額を狙うのではなく、地道に少しずつ利用額を増やすというのが、フクホーでの増額のコツになります。借入の必要と増額のタイミングを測って、フクホーを上手に使いこなしてください。

トピックス
ページトップへ