フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!

消費者金融のフクホーには提携銀行ってあるの?

大阪で営業を行っている消費者金融のフクホーという会社をご存知でしょうか。1970年から営業を行っている老舗の消費者金融で、業界でも審査がゆるく融通が効くと有名です。(参考ページはこちら→フクホーは本当に審査が緩いの?

昨今では大手消費者金融はメガバンクのグループ会社になっています。ここではフクホーと銀行についてご紹介します。

フクホーと銀行

2006年に施行された貸金業法の改正による総量規制。2010年のグレーゾーン金利完全撤廃。と2000年に入ってからは貸金業者にとって逆風が続いています。倒産や廃業を余儀なくされた会社も少なくありません。大手消費者金融はメガバンクの傘下に入ることによって営業を継続しているところがほとんどです。

では、フクホーはどうかというと、銀行との提携は行っていません。セブンイレブンのマルチコピー機で契約書を印刷できるネットプリントが利用できるので、セブン銀行と提携を結んでいると勘違いされている方もいるかもしれませんが、あくまでネットプリントが利用できるだけで業務提携は行っていません。

消費者金融が銀行と提携するメリット

消費者金融が銀行と提携すると資本はもちろん信用が上がります。また、銀行の融資の保証会社を消費者金融が行うなど、事業として拡大できます。とくにカードローンにおいては全国の銀行、コンビニのATMが利用できるようになるので便利になり、顧客の集客もしやすくなります。

しかし、フクホーはカードローンは行っておらず、あくまで現金のみを扱うキャッシングローン。中小の消費者金融ではありますが、今も独立した営業を行っているという意味では老舗消費者金融として大手とも言えるかもしれません。

独立した営業を行っているからできるメリット

メガバンクの傘下に入ると、審査基準も銀行に近くなっていきます。しかし、独立した営業を行っていると融通が効きます。

銀行や銀行のグループ会社の審査ではブラックリストの方はある一定期間が経過しなければ審査に通らないでしょう。しかし、フクホーなどの独立した消費者金融では貸し付けても問題ないと判断すればブラックリストでも貸し付けています。(参考ページはこちら→この審査基準がフクホーのポイント?

ブラックリストへの貸し付け

ブラックリストは自己破産者や金融事故者を指しますが、これらは個人信用情報機関にデータが登録され一定期間保管されます。

自己破産者であれば7年間。金融事故者であれば5年間データが保管され、保管期間が過ぎればデータは抹消されます。ブラックリストは法的にお金を貸してはいけないという決まりはありません。あくまで、信用が低くなるというものです。

ブラックリストの方に貸し付けを行うかどうかは金融機関の判断によります。メガバンクはブラックリストには厳しく、貸し付けることはほとんどないと言っていいでしょう。メガバンクのグループ会社の消費者金融も厳しいと言えます。

しかし、中小以下や地方の消費者金融になるとブラックリストへの対応は柔軟になっているところも多く、フクホーはその代表格と言えるでしょう。

フクホーが良い理由

1970年から継続して独立営業を行っているフクホーは、半世紀近い営業を行っていることになります。バブル崩壊や法改正など、時代の流れに飲み込まれることなく営業を続けている証拠です。それだけの続けられるということは、信頼と顧客がいるという証拠でもあります。

自己破産者に貸し付けを行う金融機関は、闇金手前会社やソフト闇金などと揶揄されることもありますが、法外な金利や違法な取り立てなど消費者金融に対する法律が厳しなっている現在において、ちゃんと貸金業登録されている会社については昔のような怖いイメージというものはほとんどありません。

どこの会社で借り入れるにしても、借りた物は返す。これこそ法律で決められていることなので、きっちりと返済を行っているならば何も問題はありません。

フクホーについて

フクホーについてご紹介します。

会社概要

会社名 フクホー株式会社
設立 1970年(昭和45年)2月
事業内容 消費者金融事業等
登録番号 大阪府知事(03)第12736号
加盟団体 日本貸金業協会
株式会社日本信用情報機構

借り入れについて

フクホーではフリーキャッシングと借り換えの二つのローンを扱っています。

フリーキャッシング

対象者 20歳以上の安定した収入と返済能力がある方でフクホーの基準を満たす方
限度額 5万円~200万円
金利 7.3%~20%
遅延損害金利 20%
返済方法 元金自由返済方式か元利均等返済方式
返済期間 5年
返済回数 2回~60回
担保・保証人 原則不要
必要書類 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート等)
所得を証明する書類(源泉徴収票、給与明細書、所得証明書等)
本籍地が記載してある住民票原本、その他フクホーが必要と認めた書類

賃金業法に基づく借換えローン

対象者 20歳以上の安定した収入と返済能力がある方でフクホーの基準を満たす方
使途目的 フクホー以外からの借り入れに対する借り換え
限度額 5万円~200万円
金利 7.3%~20%
遅延損害金利 20%
返済方法 元利均等返済方式
返済期間 10年
返済回数 2回~120回
担保・保証人 原則不要
必要書類 原則として、他社借入条件などの確認ができる書類
本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート等)
所得を証明する書類(源泉徴収票、給与明細書、所得証明書等)
本籍地が記載してある住民票原本、その他フクホーが必要と認めた書類

借り入れまでの流れ

フクホーではインターネットか電話での申し込み受け付けをしています。

申し込み

電話かインターネットのフクホーのウェブサイト内の申込フォームより申し込みできます。

審査

申し込み後すぐに1次審査が開始されます。3日以内に電話かメールで審査結果の連絡が来ます。借り入れ可能な限度額提示されますので、問題がなければ本審査に入ります。数日後、正式な結果の連絡があります。

契約

契約締結後に融資金が振り込みされます。必要事項を記入の上、フクホーに提出します。契約書は郵送でご自宅に送付されますが、お急ぎの方はセブンイレブンのマルチコピー機でプリントアウトですることができます。

セブンイレブンでのプリントアウト方法

審査結果の際に8桁の予約番号を教えてもらう事ができます。セブンイレブンのマルチコピー機のメニュー画面からネットプリントを選択し、案内に従って予約番号入力すればプリントアウトができます。

契約完了

契約書に記入と捺印の上提出すると契約は締結となります。その後、利用者が指定する銀行口座に融資金が吹き込まれます。

返済

返済については先に記してある通りです。振り込みもしくは店頭での支払いによる返済になります。

借り入れはフクホーがオススメです

以上がフクホーのご紹介となります。他社での審査に通らない。ブラックリストであるなど、様々な理由で他社での借り入れが難しい方でどうしてもお金が必要な方や多重債務で借り換えを検討している方は一度フクホーにご相談されてはいかがでしょうか?

トピックス
ページトップへ