フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!

巷で評判のローンといえば、信頼と安心のフクホーです!

いわゆる「金融事故」を経験した人たちの間でも、フクホーの評判は上々です。

他社では新規の借り入れを断られてしまったという人でもあきらめないでください。基本的に借金を完済していれば、ブラックの記録が消えずに残っていても、フクホーがきっちりローンの対応をしてくれる可能性があります。(参考ページはこちら→ブラックがお金を借りる為の第一歩

そもそも、金融事故って?

金融事故という言葉について、念のため説明しておきます。一言でいうなら、

過去のキャッシング履歴について何かしらの問題を起こすこと、その全てをまとめて「金融事故」と表現します。

分かりやすい例を一つ挙げるとすればやはり、「なんらかの事情があって消費者金融に借りたお金を返せなくなった」という状態でしょう。

正直、金融事故といえば九割がこの状態です。

金融事故を起こすと?

当たり前のことなのですが、金融事故を起こすと、金融機関から新たな借り入れを受けることができなくなります。もともと、借りたお金を返すことができなくて事故を起こしたのに、そんな「返済能力のない人」にお金を貸す金融機関があるわけないですよね。

もちろん、金融事故の経験者でも問題なく融資できますと謳っている金融機関は存在します。けれども、このような甘い誘い文句には注意が必要です。看板に偽りがなければいいのですが、

実際のところ、金融事故の経験者に対して問題なくお金を貸す企業というのは、悪徳金融である場合も高いのです。

なぜ「事故者」だとバレる?

借りたお金を返せなかったのはA社だから、それ以外の金融機関(例えばB社)からお金を借りれば問題が無いと考える人がいます。けれどもこの発想は間違いです。実は、あなたが金融事故を起こしたという情報は、信用情報機関というところで一括して管理されるため、全ての金融機関が必要な時にこの情報を確認することができます。
(⇒信用情報機関についての補足

だから、A社に対して返済できていない借金があることを隠したまま、B社から新たにお金を借りるということは不可能なのです。審査の段階で、金融事故の経験者だということがバレてしまうので。

そもそも、現在ではほとんどの金融機関が、融資の申し込みの際に「スピード審査」というものをウリにできる理由は、信用情報機関がネット上で管理している情報を、顧客ごとに閲覧して、その人に借金の返済能力があるかどうかを確かめているからです。

事故者でもフクホーなら?

この記事の冒頭で、「金融事故」を経験した人たちの間でも、フクホーの評判は上々だということについて触れましたが、フクホーなら、金融事故の経験者でもお金が借りられるというのはどういうことなのでしょうか?

審査が厳しい代わりに

フクホーから借り入れを受けた人は、たいてい次のように言います。すなわち、フクホーの審査基準は他の消費者金融より厳しくて、なによりも審査の完了まで時間がかかると。これがどういうことなのかといえば、フクホーからお金を借りようとする際には、まずそろえなければならない書類や証明書の類が非常に多いのです。

例えば他の金融機関なら、「五十万円までの借り入れなら収拾の証明書が不要」という制度を作って、審査時間の短縮を実現し、それと同時に顧客の獲得に成功しています。お金に困った時、簡単にお金を借りられる機関とそうでない機関があるとして、多くの人がどちらを選びたがるかと考えれば当然、審査がスピーディーな金融機関が勝ちますよね。

そのかわり、多くの金融機関では審査の際に顧客の信用情報を参照しているため、過去のキャッシング履歴に問題があれば、ブラックの状態と見なして融資を拒否します。
(⇒融資審査の基本的な基準

それに対してフクホーなら、たとえ顧客のキャッシング履歴に問題があったとしても、現在はその借金を完済しているということであれば、問題なくお金を貸し出すというケースがほとんどです。

ブラックの情報って?

ここまで記事を読んでちょっと気になった人がいるかもしれませんが、金融ブラックという状態は意外と厄介なんです。なぜなら、過去に一度でも金融事故を起こしてブラックになってしまったという人の信用情報は、それ以降も五年から十年程度にわたって信用情報機関で管理されてしまうからです。

過去の借金はもう返したのだから許してよ、と顧客が主張したくても、過去に金融事故を起こした経歴があるというだけで、他の金融機関からも門前払いを食らうというケースが多いのです。

フクホーの真価

金融事故の経験者に対しても融資を受け付けるフクホーの真価は、このあたりで問われます。小額の融資に対しても、きちんと顧客の収入証明書の提出を義務付けるあたり、やはり審査は厳しいのですが、ルールを守ればきちんとお金を貸してくれるというフクホーは、やはりありがたいでしょう。

フクホーの申し込み手順

フクホーに融資を依頼する際には、まずウェブからの申し込みが基本になります。お電話からも申し込み可能ですが、ネット経由の方が圧倒的に楽でしょう。ただし、ウェブからの申し込みを済ませただけの状態では、まだ「仮申し込み」が完了しただけなので注意してください。

仮申し込みの後は?

仮申し込みの完了後、顧客に対して融資可能かどうかの連絡が入ります。融資が可能ということであれば、改めてフクホーが指定した申込書類の一式が送られてきますので、必要事項を漏れなく記入のうえ、フクホーに返送してください。

申し込みのプロセスにかかる時間は、おおよそ一週間程度を見込んでおけば大丈夫です。確かに他の金融機関に比べれば時間と手間がかかりますが、融資を申し込んだ状態で身動きが取れなくなるというわけではないので、仕事に行くなりなんなり、普段通りに生活してください。

もし、フクホーに融資を申請したら、審査の結果が出るまで何時間も店舗で缶詰になるのではないか、と考えている人がいるなら、それは間違いであると断言しておきましょう。審査の結果が判明して、必要書類の提出と諸確認にかかる時間は、せいぜい二十分から三十分程度です。

最も重要視される書類は?

フクホーの審査は厳しく、提出すべき書類の数が多いということはすでに触れました。では、数ある提出書類のうちで最も重要視されるのはどれなのか、その答えはズバリ、収入の証明書です。

金融事故の経験者に対しても融資をするフクホーでは、信用情報機関が管理している情報より、顧客が「現在持っている返済能力」を重要視します。よくよく考えてみれば、これは当然ながら理にかなったことだと思われますが、この体勢を強いている金融機関は、現在のところそれほど多くありません。

やはり、顧客一人一人の年収をいちいち確かめていたら、審査に時間がかかってしまうからでしょう。直近で二カ月分の収入証明書の提出を基本的に義務付けているフクホーは、たとえ少額であっても、その顧客の返済能力に見合った融資を行います。

高評価の理由は?

普通に考えて、お金を借りたいと望んでいる顧客の気持ちとしては、たとえ少額で会ってもお金を貸してほしいと考えるのは当然のことです。そもそも、切羽詰まった状態であるからこそ消費者金融に助けを求めているのですから。

審査のスピードをウリにしている代わりに、顧客の信用情報に問題があれば、現在の返済能力とは関係なく門前払いをする金融機関より、たとえ少額で誠実に顧客と向き合って融資をするフクホーの方が、金融事故の経験者から支持されるというのも納得です。

トピックス
ページトップへ