フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!
フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!【マネCAN】 > 審査基準を知りたい人におすすめの記事紹介 > フクホーと銀行カードローン、どちらが使いやすいか検証する

フクホーと銀行カードローン、どちらが使いやすいか検証する

急にまとまったお金が必要になった時、どこか頼れるところはありますか?住宅、マイカー、学資ローンといった類を利用したことはあっても、フリーローンは初体験といった人は多いと思います。

ここでは、消費者金融フクホーと、銀行のカードローンを利用した場合の違いを比較してみたいと思います。どちらを利用したらいいか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

消費者金融と銀行ローンを比較

融資を受ける際に迷うのが、消費者金融と銀行のどちらを利用するかだと思います。メリット、デメリットを比較してみました。

  消費者金融 銀行ローン
メリット 借入までが早い 金利が低め
デメリット 借入限度額、低め 時間がかかる

銀行は消費者金融に比べ、やや金利が安いですね。総量規制対象外(※)なので、複数社の借入があったり、沢山借入がしたい場合には、とても利用しやすいと思います。ただし、申込みから借入までに時間がかかる場合があるということと、提出資料も多いことがあります。

それに比べて、消費者金融は、若干金利が高いことと、総量規制対象(※)の為、借入限度が決まっているので、自分の希望する金額を借入出来ない事があります。

※総量規制対象外、総量規制対象とは
貸金業法に則って、個人の総借入額を年収などの3分の1以内までに制限するしくみを総量規制対象と言います。消費者金融、各種クレジットカードのキャッシングなどがこれにあたります。
(⇒総量規制についてもっと詳しく

銀行ローン、住宅ローン、マイカーローンなどは規制の対象外となり、別枠として借入をする事ができます。これを規制対象外といいます。

私が選ぶ消費者金融はフクホー

消費者金融と、銀行ローンを比べると、個人によって好みは分かれると思います。私はどちらかというと、消費者金融派です。ピンチの時にお金を借りたいので、やっぱりスピードが命だと思うからです。今まで、大手や地元の中堅の消費者金融を利用しましたが、私の中では、フクホーのレディースローンが良かったです。

フクホーのレディースローンは、通常のローン内容と大きな違いは無いのですが、女性スタッフがすべて対応してくれるのが◎です。女性同士だから、威圧感もないし、何でも気になる事を相談できるから、女性の人にはおススメです。フクホーのレディースキャッシングの詳細はこんな感じです。
(⇒レディースローンは本当に便利?

限度額 200万
金利 7.3%~20.0%
貸付対象者 20歳以上、パート、アルバイト可
担保 原則不要

フクホーの使いやすさはココだ!

私が気に入っているフクホーですが、口コミでは、こんな意見が多くあります。

  • 即日融資可能
  • 他社借入ありでも、借入できる
  • インターネット利用で、来店不要

大手なら普通の「即日融資」ですが、ここ中堅のフクホーでも「即日融資」は可能なんですよね。再利用者なら当然ですが、新規利用者でも、書類などの提出がスムーズなら、かなり早く借り入れできますよ。借入申込は、インターネット、電話、来店の3種類になりますが、近隣であれば、来店の方が即日借入はもっとスムーズになりますね。

インターネット、電話利用の場合でも、セブンイレブンのマルチコピー機で契約書類を取り出せる為、書類が郵送で届くのを待つ必要が無いので、他社の同様な契約方法であれば、フクホーがやや早く借入できると思います。
(⇒フクホーへの申し込みは都合が良い方法でOK

辛口意見にも注目すべし

私は、どこで借りるか吟味する際に、口コミを良く見ますが、良い意見だけじゃなくて、辛口の意見も併せて見るようにしています。どんなものでも、良い悪いがあって当然だと思うし、悪い意見が全く無い方が怪しく感じませんか?

ここで、フクホーへの辛口意見をまとめてみました。

  • 自営業は利用できない
  • 提出書類が多い
  • 審査が多い(1次審査、2次審査あり)

自営業者は事業資金とみなされるからか、フクホーでは借入できないみたいです。大手他社では、自営業者でも借入できるところが有るので、そこと比較すると、完全個人向け融資で、小口貸付に力を入れているみたいですね。

次に、提出書類が多いという口コミですが、これは源泉徴収票などの収入証明を出すか出さないかを指しています。おおよそ、50万以下の借入だと、収入証明不要としている消費者金融があります。これは大手に多いのですが、提出書類が少ないということで、利用者を増やす為のセールストークだと、私は思っています。

だって、提出書類を減らすと言うことは、審査も厳しくなるので、ちょっとでも問題ありと思えば、申込み不可で蹴られる事も多くなりますよ。仮に申込み不可にならなくても、「もう少しじっくり審査したいので、収入証明書を提出してください。」と言われれば、出す必要があります。

結局出す事になり、二度手間になるぐらいなら、「最初から提出した方が、スムーズで早く借り入れできるのでは?」と考えるのは私だけでは無いと思います。審査が多いという意見も、ちょくちょく目にしますが、これはどこでも2回程度審査しています。

申込み時に1回目の審査「ブラックなどでないか」を確認して、2回目の審査で「他社の借入を合算した上で貸付できるか」を確認しているのです。金融会社によって、仮審査、本審査などと呼び方が違う場合もありますが、あたかも1回しか審査していないように表現しているところもあります。

結局のところ、回数というより、審査時間が長めというところが、急いでいる人にとっては気になる部分かもしれません。

簡単なのは、フクホー?銀行?

どこを利用するのが良いかと聞かれたら、消費者金融ではフクホーをおススメしたい私なのですが、銀行も結構おススメなのです。金利が若干低めだし、一番のメリットは貸金業法の「規制対象外」というところに惹かれます。

消費者金融と併用しても、銀行の借入金額は合算されないので、たとえ借入合計が、年収の3分の1以上になってしまっても、銀行からは借り入れできるというのは、有難いですよね。

ですが、複数社利用していない人や、短期間に少額借りたい人にとっては、貸金業法の規制対象内、対象外であるかより、簡単に申込みができる事を、重要視している場合があります。そんな方の為に、フクホーと銀行ローン、それぞれの申込方法を上げてみました。

フクホー申込方法

  • インターネット、電話で申込み
  • 審査結果がメール、電話で連絡が入る(即日~翌日)
  • 契約書類、身分証明、収入証明を送付する
  • 契約書類到着後、借入金が振り込まれる

    一般的な銀行の申込方法

  • インターネットで申込み
  • 審査結果が、電話で連絡が入る(3,4日かかる)
  • 契約書類、身分証明、収入証明を店頭へ持参する
  • 契約書類提出後、近日中に借入金が振り込まれる
フクホーと銀行の申込方法を見てわかる違いは、店頭で契約が成立した後に、どれだけの速さで振込みされるかと言うことですね。銀行は貸付専門機関ではないので、即日貸付という点では弱いですね。

やはり、貸付け専門であるフクホーの場合は、契約から入金までの時間がかなり短いですね。キャッシングのスピードを重要視するのであれば、銀行だけにこだわる必要は無いと思います。

消費者金融と銀行を使い分ける

消費者金融のフクホーと、銀行を比較してみましたが、どちらの方が利用しやすいと感じましたか?ここまで書いてきて、私自身が思った事は、消費者金融と銀行の、メリット、デメリットって真逆だと言うことです。

例えば、消費者金融なら、

審査は早いが、貸付金額は低い

例えば銀行なら、

審査は遅いが、貸付金額が高い

上記から考えると、スピードを求めているのか、高値の借り入れ額を求めているのか目的に応じて、利用する金融機関を変えるのが、キャッシングの上手な使い方だと思います。

インスピレーションも大切

私のおススメは、フクホーです。これは、話をした窓口の人の親切で丁寧な話し方に、一目ぼれ(電話越しなので、実際は見えてないですが)したことからです。最近の消費者金融は、どこも丁寧なところが多いと感じます。大昔のダークなイメージからは程遠い、正統な企業として成り立っているからでしょうね。

正直、中堅以上の貸金業登録済みの金融企業であれば、商品内容に大差はありません。あとは、自分がどこの企業で借入するかだけです。他人の口コミなどのいろんな情報も集めつつ、最後は自分のインスピレーションで選ぶのも良いと思います。どうせ利用するなら、自分の信頼できる金融企業をチョイスするのが一番ですね。

トピックス
ページトップへ