フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!

フクホーのキャッシングで他の消費者金融より得することを紹介!

消費者金融を利用するなら、できるだけ自分にとって得になる会社を選びたいと考えるのが当然のことでしょう。しかし、今現在日本にある消費者金融や、借り入れ・キャッシングができる金融業者は非常に多く、その適切な選び方がよくわからない人も多いです。

自分にあった金融業者とは、つまるところ、自分の借り入れの目的や、自身の金融取引における信用がどの程度であるかと、相手の会社に判断されるかを知っておくことが重要になります。それを知らないと、審査で断られてしまったり、金利で損をしてしまいます。(参考ページはこちら→審査に落ちる場合の理由

今回は、消費者金融の一つである「フクホー」について考えていきます。どんな人が利用するのがいいのかといったことや、この金融業者を利用することによる、他にはないメリットがどういったものなのかについて解説していきます。

消費者金融フクホーの特徴

日本全国に数多くある消費者金融ですが、そのどれもが自社独自の特徴というか長所を持っています。現在の貸金業界は数年前に比べて非常に競争が激しくなってきていることもあって、宣伝できるような長所がない金融業者は生き残れなくなったのです。

金融業者にとって長所というのは、お金を借りたいと思っている人を惹きつけられるような魅力でなくては意味がありません。それは、例えば、これからお金を借りたいと考えている人がいるとして、ほかの会社よりも自社のサービスを選んでもらう必要があるのです。

利用者(債務者)の立場から見て、消費者金融がアピールできる一番のポイントは金利です。お金を借りる時に、余計に返済しなくてはいけない金利ですが、これが少ない金融業者であるほど、利用者に好かれるのは間違いないでしょう。

金利と並んで、利用者にとって重要になるのが、借り入れが確実にできることです。利用者が借り入れをしたいと思い、金融業者に申し込んでも、審査で落とされては借り入れができなくなり、再びその金融業者を利用しようとはしなくなるでしょう。
(⇒確実に借りられる条件とは?

二つの関係と信頼評価とは

金利と審査は無関係ではありません。審査はその契約者となる人がどの程度の安全性があるかを調べるということです。極端に言えば、借金の返済ができないような人をふるい落とすために審査は存在しているのです。

また、審査を緩くするということは、それだけ返済の不安がある人を客層として取り込むということでもあります。金融業者がリスクを負うため、金利を高く設定しているということなのです。金利が低く審査が厳しいか、金利が高くて審査が緩いかという二択になるのです。

消費者金融のフクホーは、後者にあたります。より幅広い客層を取り込むために審査が非常に緩い一方、設定される金利は業界の中でも高い部類に属します。この特徴から、消費者金融フクホーを利用するのに適した人がわかります。

どんなタイプの人が適しているか

消費者金融の選び方には金利と審査という二つの項目があるのは上述しましたが、それはあくまで、金融業者だけを見た場合の判断方法に過ぎません。実際には、利用者の借り入れ目的とその利用スタイルによってさらに細かく金融業者を選別できます。

消費者金融を利用する人にはいくつかのタイプがあります。大きく分けて、借り入れ金額が大きいか小さいか、借り入れ期間が長いか短いか、借り入れと返済の頻度が多いか少ないか、そして、自身の返済能力が高いか低いかです。

このタイプによって、どういった消費者金融を利用するのがその人にとって一番得になるのかが変わってきます。今回は、消費者金融のフクホーに当てはめて考えていきます。

具体的な比較項目

フクホーの審査は大手の消費者金融や銀行の借り入れなどに比較してかなり甘いと言われています。その最大の特徴は、過去に金融事故を起こした人、通称ブラックになった人であっても借り入れができるという点です。

また、審査が甘いといっても、中小の消費者金融とは少し条件が異なり、申請者の条件範囲こそ広いですが、収入に対しては割とシビアであり、安定した収入が求められます。この点では、銀行の借り入れ並みと言えるでしょう。(参考ページはこちら→審査基準のきちんとした把握

次に金利についてですが、これははっきり言って高いです。金利が高いということは、長期の借り入れには適していないということです。また、契約当初の借入限度額は高いとも言われているので、最初からある程度の借り入れができるというメリットはあります。

これらを総合すると、ブラックになった人であり、現在では安定した収入を得ており、短期の借り入れが主目的で、一回辺りの借り入れ金額がそれほど多くない人が一番適していると言えます。特にブラックになった人という部分が重要です。

キャッシングをするならどこであっても大して変わらないんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、実際にはそう簡単な問題ではないのです。損得以前に、ブラックの人の場合、まず借り入れができるかどうか自体が危ういということが多いのです。

ブラックでも借りられる強みとは

ブラックになったことがない人にはよくわからないことかもしれませんが、いざブラックになるとその想像以上の不便さに驚くことになるでしょう。そして消費者金融を利用するときにブラックでも借りられるという強みに気付くはずです。

債務整理などでブラックになると、借り入れの際に非常に厳しい現実を目の当たりにします。だったら借り入れなどしなければいいだろうという意見も聞きますが、ブラックの場合、クレジットカードも作ることができないので、どうしても借り入れに頼る場面が出てくるのです。

借り入れをする時に、まず過去5年間に債務整理や借金の延滞や滞納経験があるかどうかが焦点になります。そこで「ある」と答えると、大抵の銀行と大手消費者金融では門前払いされます。中小の消費者金融であっても、債務整理ブラックの場合、大抵弾かれます。

そうした金融業者が多い中、公然とブラックでも借りられると宣伝している消費者金融はごくわずかなのです。また、下手に甘い誘い文句の消費者金融を利用したら、実は闇金だったというような事態にもなる危険性があるため、こうした金融業者の存在は貴重なのです。

ブラック以外の利用者は損なのか

さて、ブラックであっても借りられる貴重な消費者金融であるフクホーですが、ブラックになっていない普通の利用者が利用したいと考えた時には、どういった評価になるのでしょうか?

一概には言えないことですが、基本的には通常の借り入れであれば、フクホーを敢えて選択するメリットはそれほどないと考えられます。あくまでフクホーの最大の長所は、ブラックになっている人にとって優秀な消費者金融なのです。

そして、それを考慮せずに考えれば、言い方は悪いかもしれませんが、ただの金利の高い一消費者金融です。先程も主張したように、貸金業者が自分にとって損になるか得になるかの分岐点は、自分の利用スタイルに適合しているかどうかで決まります。

このフクホーという消費者金融を利用する最も得な利用者は、定期収入を得ていながら、ブラックになってしまっている人たちだと筆者は捉えています。もちろん、誰がどの消費者金融や銀行を利用しようともその人の自由ですが、得かどうかと聞かれれば、答えは否です。

金銭的な損得を考えるのであれば、自分の返済能力が金融業者が設定している基準をギリギリ満たせるような業者を選択するのが、最も合理的な選択と言えます。その点、フクホーの信頼評価基準のボーダーは、通常の人にとっては低すぎるのです。

フクホーのキャッシングをする上で、ほかの消費者金融よりも得になる一番大きなポイントは、まさにこの点にあります。審査基準が緩く、通常であれば、到底キャッシングができないような人であっても、通常よりもかなり低い審査基準のおかげで可能であることです。

【参考ページ】
金融業者選びの参考

トピックス
ページトップへ