フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!

審査基準が以前と違う!フクホーで借りれないのはどんな人?

消費者金融のフクホーといえば、大手ではない消費者金融でありながらも、借り入れがしやすくブラックであっても借入をすることができる消費者金融として知られてきました。しかし、近年、そのフクホーの審査基準が変わりつつあります。
(⇒フクホーの噂についてチェック

借り入れをするときに重要なのが、その契約者の人がどの程度の収入を得ていて、返済する時に毎月最低でもいくらぐらいのお金を返すことができるかという「返済能力」です。これが審査をする時に一番最初に評価されるものです。(参考ページはこちら→融資審査基準の見方

フクホーの以前の審査では、この返済能力を見るときに、契約者がどんな職業についていても、特に問題にはしてきませんでした。そのため、幅広い人が申し込みをする消費者金融として評判だったのです。

消費者金融が借り入れ契約の際に、どんな人でも契約を結ぶということはありません。なぜなら、どうしても返済できなさそうな人にお金を貸すのは、業者といえども危険行為だと認識しているためです。では、それはどうやって選別しているのかという話になってきます。

消費者金融で一番一般的なのは、収入に継続性があるかどうかを見る方法です。この審査はほぼ全ての消費者金融が行っており、この基準に照らし合わせると、非正規雇用者や収入が安定しないパートやアルバイトはお金を借り入れできなくなります。

今回は、消費者金融のフクホーがどういった審査を過去におこなってきたのかという点と、現在の新しい審査基準について考えていきます。加えて、消費者金融を利用者の目線からどういったケースが利用しやすいのかを解説していきます。

過去のフクホーの審査

数年前の消費者金融フクホーは、業界の中でも非常に審査が甘い業者として知られていました。特に、大手の消費者金融で審査にはじかれてしまった人の駆け込み寺的な立ち位置にあり、利用者の大半は、どちらかといえば、収入に不安を持つ人でした。

一見すると不合理なような方法が、この簡易審査による集客方法です。冒頭でも言ったように、返済能力が低いということは、そのまま金融事故につながるリスクが高いということでもあるためです。では、なぜこうした方法をとるのでしょうか?

審査の難易度を引き下げる最も重要な意味は、その集客能力の向上です。皮肉なことですが、返済能力に不安要素がある層あればあるほど、消費者金融の利用頻度や利用割合が高いのです。お金を持っている人はそもそも借りようとはしないからです。

そうした原因もあり、審査を緩くすることは、リスクもありますが、それに見合う多くの契約者を集めることが出来るのです。この簡易審査は消費者金融の中では、圧倒的なハイリスクハイリターンな方法なのです。

必然的に、この経営戦略を取る可能性が高くなるのは、中小や中堅の消費者金融になります。なぜなら、知名度が高く、事業資金も潤沢にある大手の消費者金融や銀行は、もとより客層が厚く、そんなことをしてまでリスクを取りたくないからです。

さて、消費者金融のフクホーも、中小の消費者金融に分類されるため、この戦略をとっていました。特に有名なのが、「フクホーはブラックになったあとでもお金を借入できる」という評判です。これは非常に重要な点です。

ブラックが金融業者に与える影響

フクホーはブラックになった時であっても借り入れをすることができるということですが、具体的にブラックとは何を指すのでしょうか。また、もし自分がブラックになると、金融業者にどういった影響を与えるのかを解説していきます。

ブラックとは、普通に借り入れを利用している分には問題になることではありません。しかし、返済の時に支払いが遅れてしまったり、指定された金額を返済しきれなかった時にブラックになります。ブラックというのは、あくまで通称であって、正確な名称ではありません。
(⇒ブラックについてのさらに詳しい解決

ブラックといっても、別に何かが黒くなるわけではありません。消費者金融や銀行は、貸金業の契約の際に、信用情報機関に契約者のこれまでの金銭に関する実績を調べます。過去に金融トラブルがあるとここに記録され、これがブラックと呼ばれているのです。

ブラックになると、ほぼ全ての金融取引が制限を受けます。今回のケースは借り入れですが、ブラックになっていると借り入れにしても、銀行はおろか、大手消費者金融のほぼ全てで審査の段階で断られてしまいます。

フクホーの審査の変化

こうしたブラックの不便性から、ブラックであっても借り入れをすることができるという評判は、ブラックになった当人からすれば、非常に魅力的に映るのです。なにせ、借り入れ自体がほぼ不可能な状態なので、飛びつきたくなるような内容に見えるのです。

フクホーの審査は現在であっても、このブラックでも借りられるという点は変わっていません。では、何が以前と変化したのでしょうか。それは、契約者の返済能力査定の職業形態の部分です。

今までのフクホーの審査では、契約を申し込む時に、収入の安定性はそれほど強く求められていませんでした。極端な話、無職などでなく、収入さえ確保できるという人であれば、借り入れをすることは可能でした。

審査が変化した理由とリスク

しかし、最近のフクホーは収入審査の際に、正規雇用された契約者を厳選して選ぶようになりました。正規雇用者でない人を100%審査で弾くということではなく、審査の難易度が上がったと考えるべきでしょう。

消費者金融のフクホーを利用するのに一番適しているのは、ブラックになっている正規雇用者ということです。それ以外の人は、条件をよく確認して、自分に合っていると考えられるときに利用したほうがいいのです。

本来、ブラックになっているという事実そのものが非常に高いリスク塊なのです。ブラックでも借り入れができるということは、その分のリスクをどこかで代用しなくてはいけません。大抵は非常に厳しい審査、もしくは高い金利を課すことで相殺します。

また、あまりにも好条件を出すと、利用者が闇金を疑い、かえって敬遠させてしまう問題があります。闇金の多くは、ブラックであってもなんの問題もなく借り入れができるようになっています。それと同列に見られてしまうリスクもあるのです。

どういった基準で選べばいいのか

ブラックになった時に、どうしても借り入れをしなくてはいけなくなった際にどうやって消費者金融を選べばいいのかについて考えます。まず銀行から借り入れをすることは諦めるべきです。なぜなら、ほとんど不可能だからです。

消費者金融から借り入れをする時に、ブラックの場合は、絶対に定期的な収入を求められます。日雇い労働などの収入が非継続な場合、闇金以外の中小消費者金融で借り入れの審査で通る確率は、およそ25%程度しかありません。

ブラックになった時には、何をおいても、継続的な収入を確保することが消費者金融を利用するときのポイントです。というよりも、最低でもその条件を満たさないと、借り入れそのものが出来る対象として金融業者から見られません。

そう考えたときに、フクホーの審査基準がほかの消費者金融とさして変わり無いとわかるはずです。言ってみれば、今までの基準が緩過ぎたようなもので、特に厳しくなったとは言えないのかもしれません。

ブラックの人の場合、消費者金融を選ぶときには、事前の情報をどれだけ集められるかが重要です。特に、闇金に一番引っかかりやすいのが、このブラックになった人なので、借り入れができるからといって安易に消費者金融を利用してはいけません。

まとめとしては、ブラックになった場合、継続的な収入を確保した上で、中小の消費者金融を複数、事前に調べたうえで借り入れを申し込みましょう。金利が高くなるのはどうしようもないので、最初は低い額から借り入れをして、闇金でないかを確かめましょう。

トピックス
ページトップへ