フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!

申し込みブラックになっても融資OK?最後の神頼みフクホー

世の中、裕福な人たちばかりが暮らしているわけではないのです。むしろ、中流階級かあるいはそれよりやや下の人たちが最も多いのであって、今の時代なら、年収が三百~四百万円の人なんてザラです。お金のやりくりって本当に大変なんですよ。

イザという時には消費者金融を使う人が多いですが、ほとんどの企業から門前払いを食らうようになってしまったらどうすればいいのか。つまりは、申し込みブラックといわれる状態。こういう時こそ、最後の神頼みとしてフクホーの出番なのです。
(⇒ブラックリストの定義

申し込みブラック

そもそも、この言葉にピンとこない人がいるかもしれません。申し込みブラックとは、消費者金融に対する融資の申し込みがブラックの状態、つまり、お金を借りたくても借りられないという悲惨な状態を指します。

本気で困っている人にとって、お金が借りられるかどうかというのは切実な問題でしょう。たとえ五万円程度であっても、それが無いばかりに大変な思いをするという事態は、決して誰にとっても他人事として笑い飛ばせるような問題ではないのです。

なぜブラックになるのか?

なぜ、お金が借りられないという状態になってしまうのでしょう?金融機関によって少しずつその条件は違ってくるのですが、大まかなところは同じです。単純に、借りたお金を返せなくなって信用を失い、次回からの融資を受けられなくなるという流れに他なりません。

ブラックになる目安

最近では、法改正による「総量規制」という言葉もようやく浸透してきたのではないかと思います。これによって、個人の年収(つまり借金の返済能力)の三分の一を超える融資を受けられなくなりました。例えば、年収が三百万円の人であれば、百万円を超える融資を受けることができないのです。

別の目安として、借入金の返済を延滞した回数や、あるいは、同時に融資を受けている金融機関の数などが考えられます。言うまでもなく、融資されたお金は毎月の期日までにきっちり定額を返済すべきですし、分割可能な支払いの回数も決まっています。

規定を守れなければ……

その規定を守れなければ、借金を延滞したとみなされ、ブラックという評価の元になります。一般的に、三つ以上の金融機関から同時に融資を受けていて、なおかつそのお金を返済できる見込みがないとされる場合、かなり危険です。(参考ページはこちら→融資の返済に遅れない為に

ブラックでもフクホーなら

たとえブラックの状態になってしまっても、フクホーなら最後の神頼みとして希望があります。フクホーの審査基準は、他の金融機関から門前払いを受けた人でもお金を借りられるということは、フクホーの審査基準は甘いということなのか……と考えた人は、少し早とちりです。

なぜ借りられるの?

フクホーの審査基準は、決して甘いわけではなく、また、融資を受けた際の利率も他社より少しだけ高めです。それでも、申し込みブラックの人がお金を借りられるわけは、他の金融機関よりも「審査に時間をかける」という特色があるためです。

フクホーの審査

一般的に、多くの消費者金融は、審査のスピードを売りにしている場合が多いのです。最近では「即日融資」とか「即日審査」という宣伝文句も珍しいものではなくなりました。けれどもフクホーの場合は、審査に時間がかかりますし、揃えなければならない書類も非常に多いのです。

なぜ時間が掛かるの?

多くの金融機関で行われている審査の基準はとても単純で、信用情報機関というところが顧客から集めた情報を、ネットワークを通じて参照しているだけというのがほとんど。だからスピード審査が実現します。

それに対しフクホーでは、初回の借入時に顧客との面談を行い、免許証・保険証・パスポートなどの本人確認書類、および所得を証明する書類と住民票原本の提出を必ず求めてきます。多くの金融機関では、例えば五十万円以下の融資であれば収入を証明する書類の提出を義務付けていない場合も多いのですが、フクホーはそのあたりで非常に厳しいのですね。

審査に際して、信用情報機関に保存されている情報を参照する他、一人一人の顧客が持参する書く書類の確認も行うため、審査に時間がかかるわけですね。本当の意味で顧客の事を考えるのなら、その方が良いのかもしれません。

フクホーの借り入れプラン

フクホーから融資を受ける場合、他社よりも利率が高めであることはすでに触れました。具体的な融資のプランについて、以下に見てみましょう。

  • 五万~十万円 利率:7.30~20パーセント
  • 十万円~百万円 利率:7.30~18パーセント
  • 百万円~二百万円 利率:7.30~15パーセント

初回の借り入れについては、限度額が五十万円となっている他、返済を遅延した際、以降の利率は借入時の金額に関係なく、20パーセントで固定されます。借り入れからの返済期限は最大で五年、および分割での返済回数は2回~60回というふうに定められています。

フクホーでの増額申請

他の金融機関と同じように、フクホーでも増額の申請が可能ですが、増額の審査についてはやや厳しいものとなっています。どの金融機関でも増額の審査は厳しいと考えれば確かにそうなのですが、フクホーはさらにその上を行くような印象です。

まず、過去に借り入れたお金を遅延なく返済できていることが大前提。最低でも三回は問題なく借り入れと返済を繰り返して、このお客さんは借り入れたお金をきちんと返せる人だという印象を持ってもらいましょう。これが六回以上の無事故返済になれば盤石です。

必要書類について

フクホーの審査において、必要書類が多岐にわたることはすでに触れました。仮申し込みと借り入れのシュミレーションに関してはウェブ上からも行えるのですが、指定された書類に関しては店舗に持参するか、あるいは郵送という手続きを踏まなければなりません。

形式を指定された書類

融資の申請書類については形式が指定されています。

直接、フクホーの各店舗に足を運んで受け取るか、あるいはセブンイレブンでのネットプリントによって入手する

ことが可能です。

まず、電話かウェブで「仮申し込み」を行うと、スタッフより8桁の予約番号を伝えられます。その番号をメモして、最寄りのセブンイレブンに行ってください。各店舗に備え付けられているマルチコピー機を操作してネットプリントを行います。

画面上の指示に従って「ネットプリント」のボタンをタッチすると、先に伝えられている8桁の予約番号を入力する画面が出ますので、間違いのないように入力してください。

指定された申請書類のページにアクセスできたら、画面の出力サイズは変更せずに、書類をダウンロードのうえ印刷してください。

手間をかける値打ち

ここまで見てきたように、フクホーから融資を受けるために必要な手続き、および審査は、決して手軽なものとはいえません。そのあたり、最近の流行からは外れるでしょうが、本当にお金に困っている人にとって、たとえ少額であっても厳しい審査の末に融資を受けられるというのは、非常にありがたいことでしょう。

五万円という金額を耳にして、それが高いと感じるかあるいは安いと感じるか、人それぞれ違う問題ではありますが、これだけの金額が足りないばかりにその月の生活がままならないという事態は、世の中で実際に起きていることなのです。

だからこそ、最後の神頼みとして、フクホーさまさまですね。

トピックス
ページトップへ