フクホーの評判から審査の実態まで徹底調査!

勤続年数が短くても借りたい人はフクホーなら可能性あり!

カードローンやキャッシングでお金を借りるのに大切なことは「年収」と思っていませんか?「年収がしっかりあればカードローンなんて簡単に借りられる!余裕余裕!」なんて思っていたら…甘いですよ!

確かに年収は大切なポイントですが、「勤続年数」の方が実は大事なポイントということはご存知でしょうか。勤続年数が短いと、それ以外は問題がなくても審査に落ちてしまう…なんてこともあるんですよ。(参考ページはこちら→融資審査落ちの意外な理由

「え!お金を借りたいのにまだ今の職場になってからあまり時間が経ってない‥どうしよう」…なんて思った方がいるかもしれませんね。でも大丈夫、フクホーならお金を借りることが出来るかもしれません。確実ではありませんが、大手よりはぐっと確率が高くなるはずです。

なぜフクホーなら大丈夫なのか、そしてなぜ大手のところではダメな可能性が高いのか?勤続年数の重要さも合わせて解説します。

なぜフクホーなら大丈夫?

疑問に思った方もいると思います。「どうしてフクホーなら大丈夫と言えるの?」と。もちろん絶対に審査に通る!と言えるわけではありませんが(勤続年数はOKでも、他の面で審査に否決してしまった…という可能性もありますし)、きちんと理由はあります。

それは、フクホーが「中手」であること、それにほかなりません。

中手は大手よりも甘めの審査

そもそも、フクホーは大手の消費者金融…誰もが名前を一度は耳にしたことがあるでしょう、アコム、アイフル、プロミス、モビットといった消費者金融と比較すると、非常に規模は小さいです。(参考ページはこちら→中小と大手はどこまで違う?

店舗は昔は複数ありましたが、貸金業法の改正などにより経営が圧迫され、現在は本店である大阪に1店舗しかありません。銀行の傘下に入っているわけでもないので、自分の会社だけの力で立て直していかなければならなかった、そのくらいの規模です。

しかし、規模が小さいことによるメリットもあります。それが審査についてです。

一人ひとりじっくり審査

規模が小さいと、審査を申し込む人の数は大手に比べて少ないです。まあ、これは当たり前だろ!という声が上がってもおかしくありませんが…。しかし申し込む人が少ないということは、それだけ審査を丁寧にする時間がある…と言い換えられないでしょうか?

実際、フクホーは大手でも断られてしまうような属性の方、いわゆる「ブラック属性」と言われる方でも審査が通りやすいということで実は有名な消費者金融なんです。ブラックなのにお金を借りることが出来るなんてちょっと驚きですよね。(参考ページはこちら→ブラックOKな融資の利点

とはいえ口コミなどでも実際にブラックだけどお金を借りることが出来た!と言っている方は非常に多く、信頼を受けているのがわかります。

それはブラックだからダメ、としているわけではなくその人個人できちんと返済できるのかどうか、を見極めていることにほかならないように私には思えるんですよね。

☆ブラック属性とは?☆

ブラック属性とは、簡単にいってしまうと「お金のトラブルを起こしてしまい、要注意とされている状態」のことです。

  • 借りていたお金が返せなくなって、自己破産をしてしまった…
  • 毎月の返済が出来ず、数ヶ月ずっと返済日を守れなかった…

そんなときになってしまうものです。これはこちらの、あるいは消費者金融側の勝手な判断ではなくきちんと判断基準に基づいたものです。(例えば、延滞の場合は3ヶ月以上と決まっています)

この状態になってしまうとお金を借りるのが非常に厳しくなります。現在借りているところでも新規の借り入れは確実に停止になり、持っているクレジットカードも使っている、使っていないにかかわらず使用停止になるでしょう。

しかもブラックになる理由によっては最大10年までこの状態が続いてしまいます。新しくクレジットカードを作ることも基本的にかなわないため、かなり厳しい状況になると言えます。

小規模だから見えることも

機械的な審査をする大手に比べて、小規模な消費者金融はより「その人」を審査すると言われています。フクホーでの審査基準は正直わかりません。

フクホーにかぎらず、クレジットカードを発行する会社も、消費者金融も、銀行であっても何かしらの審査基準がある場合、その基準は絶対に外部には漏らさないからです。わたしたちがわかるのはおおまかな傾向だけで、どこに重点を置いているのかは未知なんですよね。

しかし、確実に言えるのは大手に比べたら中手、個人経営のところは大手では弾かれてしまうような方であってもお金を借りることが出来る可能性があるということです。どうしてお金が必要なのか?と、じっくりと見る時間があるから…そう思います。

なかなか背景が見えない、借りたいと思う人の事情や理由。それらを汲み取りやすいのが規模が小さい消費者金融ではないでしょうか。

小規模にくる理由もある

また、ビジネス面で見れば、大手で借りることが出来る人というのはわざわざ理由がない限り中手や小さいところで借りようと思いません。出来るのであれば大手で借りたい!と思う方がほとんどでしょう。

その理由としては

  • 大手の方が金利が低いことが多いから
  • 返済方法や借り入れ方法などのサービス面が充実しているから
  • 自分ではヤミ金業者かどうか区別がつかないから(大手なので安心)

といったところによるものが多いと推測できます。

逆に、大手で借りることが出来なかった人がフクホーのような中規模な業者、またはさらに小規模な業者を頼ってくる…という構図にもなっています。嫌な言い方かもしれませんが、大手で借りることが出来なかった人の受け皿になっている部分もあるというわけです。

規模が小さいところは、そういった人たちの受け皿になっている自覚もあると思います。なので、審査も大手に比べたら甘いところが多いのでしょう。

もちろん限界もある!

いくら審査が甘いといっても、もちろん限界はあります。例えば「昨日バイトはじめたばっかりですけどお金貸して下さい!」と申し込んでもいくらフクホーでも落とします。

転職したてでまだ勤続して日が浅い場合などはその人の経歴などを見て判断し、お金を貸してくれる可能性が高くなるのでは…?ということですから、無闇矢鱈にまだ日は浅いけど借りられるだろう!というのは甘えすぎです。

少なくとも3ヶ月~半年くらいは働いてから申し込みをする方が無難ですね。それでもし審査に落ちてしまったら、また半年後にチャレンジ!というくらいの心構えのほうがいいと思います。

おためしを利用してみるのも手!

フクホーのホームページには、「おためし診断」があります。

  • 結婚しているかどうか
  • 住んでいる家は賃貸か、持ち家か
  • 今の家に何年住んでいるか
  • 自分が就いている職種
  • 自分の雇用形態
  • これまでの転職の回数
  • 他社ですでに借りいれている件数

を選択しから選択することで、フクホーでお金を借りることが出来るかどうか判断するというものです。

これはあくまで簡易的な審査ですし勤続年数を問う設問は入っていません。なので勤続年数があまりにも短い場合審査に落ちてしまう可能性はあるのですが、逆に勤続年数を重視しないという可能性もあります。

同じように年収を記入(選択)するところもないため、もしかしたら年収もあまり重要視しない審査基準なのかもしれません(あくまで予想ですが)。

この診断結果で借りられるならチャレンジしてみる、ダメだったらあきらめる。こういった判断を利用してみるのも手です。

なぜ大手ではダメなの?

大手では勤続年数が短いと審査に落ちてしまう可能性がある…と書きました。それではなぜ大手では勤続年数が短いとダメなのか?という点についても解説が必要かと思います。

基本的に、大手の消費者金融で行われる審査は機械的なものであること、これが前提になります。毎日沢山の申し込みが来ますし、審査にかける時間も最短30分程度とどんどん短くなってきています。

スピードと審査が完了できる量を両立するためには、中規模や小規模な消費者金融と同じようにじっくりと審査を行ってしてはいつまでたっても審査が終わらない…なんてことになりかねません。どうしても機械的にある程度振り分ける必要があるわけです。

それでは、何を基準にして振り分けているのか?というところ、気になりますよね。

自分じゃなくて他人で決まる?!

ちょっと変な話に聞こえるかもしれませんが、審査は自分じゃなくて他人で決まる…といったらどう思いますか?審査されているのは自分なのに他人のせいで結果が変わるとなっては、ちょっとどころじゃない違和感がありますよね。

正確にいうと他人のせいで自分が…というわけではないのですが、消費者金融などの審査においては、他人と照らし合わせるという審査方法があるんです。

その審査方法が「属性モデル像」を使用したものです。

属性モデルという耳慣れない単語が含まれていますが、これは消費者金融でお金を借りる際に審査で使用する「属性」を利用したものになります。

☆属性とは☆

属性とは、その人の詳細なプロフィールになります。基本的なプロフィールに加えて

  • 今勤めている会社はどれくらいの期間なのか(勤続年数)
  • その会社の規模はどれくらいなのか
  • 今住んでいるところはどんなところなのか
  • 誰と、何人で住んでいるのか

といった、プライベートでもかなり深いところまでまとめられたもの…といった感じです。

この属性を利用し、いくつかのモデルを作ります。

例えば

項目 データ
年齢 34歳
年収 600万円
勤続年数 11年
勤務先 大手電気業
雇用形態 正社員
居住形態 賃貸
既婚・未婚 既婚
家族構成 3人(妻・子供)
無担保ローンの有無 無し
住宅ローンの有無 無し
固定電話 あり

このようなかんじでしょうか。属性がいい人を意識して作ってみました。

実際どの点をピックアップしてモデルとするのかはわかりませんが、このようなモデル像をいくつか作ります。そして、審査に申し込んだ人がどのモデルに該当するか、あるいは近いか…それを検索するします。

そして、該当するモデル像はお金を貸すに値するかどうかを機械的に判別する、これが「属性モデル像」を利用した審査になります。

自分のデータが「お金を借りることが出来るモデル像」に該当する場合はお金を借りることが出来ますし、逆に「お金を借りるのにあまり向いていないモデル像」に該当してしまった場合は審査に通るのが厳しくなります。

このモデル像は、消費者金融がこれまでお金を貸してきた人々をデータ化して作ったものなので、その消費者金融にとっての「いいお客さん」と「悪いお客さん」を判別する材料として優れているんです。

そのため、他の消費者金融では通るような属性でも、たまたまそこの消費者金融では「よくないお客さん」のモデル像に近くなってしまったため審査に落ちてしまう…なんてこともありえるんですね。

そして、勤続年数が短い人の場合は大抵「あまりよくないお客さん」として分類されることが多い…というわけなんです。

ポイント制の審査もあるが…

属性モデル像だけでなく、「ポイント制」の審査方法もあります。これは年収であるとか、年齢であるとか、属性のひとつひとつの項目に対してポイントを設定します。

例えば年収が200万円以上であれば1ポイント、400万円以上であれば2ポイント…みたいな形でつけることもあれば、400万円未満はポイントなし、400万円以上は1ポイントといった付け方も出来るでしょう。

このあたりも会社などによって違うので一概にどれが正しい、多いとは言えないところですね。

そして属性ひとつひとつに点数を機械的につけていき、最終的に融資可能なポイントよりも多くのポイントを獲得すれば審査に可決、融資OK!といった判断を下す…という方法もあります。

こちらの方が個人個人の属性によって明確に点数付けが行われますので、公平といえば公平かもしれません。しかし仮に70ポイント以上で融資可能だった場合、69ポイントだったら審査に落ちてしまうことになります。

これが属性モデル像方式の審査であれば審査に可決していたかもしれません。どちらがいいとも言えませんが、自分にとって相性のいい方、相性のいい会社を見つけることが一番大切なのがわかりますね。

共通して勤続年数が短いと不利

この2つの審査方法では、どちらも勤続年数が短いと審査に不利なんです。年収が高くても勤続年数が短い人より、年収が低くても勤続年数が長い人の方が審査に有利と言われるくらいです。

その理由は安定感がないから…です。この安定についてはまたあとで解説させていただきますが、勤続年数が低いことはお金を借りる上で非常にマイナスになる要素なんです。

なので、大手の機械的な審査の場合は勤続年数が短いと属性モデル像としてもあまり良くないモデル像と合致する可能性が高く、ポイント制の審査であってもポイントが入らない、もしくはマイナスとなってしまう可能性が高いんです。

自分をみてもらうなら小規模

大手ではこのように機械的に審査を行ってしまうこともあり、その人が抱えている事情などまではわかりません。せつせつと訴えられたところでカスタマーセンターの方も困るだけでしょう。

しかし、中手やそれよりも小さいところであれば自分の背景やお金が必要な事情を話す機会があるかもしれません。そして、事情を包み隠さず話して誠意を見せることによってお金を借りることが出来るかもしれません。

それが大手のそれ以外の大きな差、とも言えるのではないかと思います。

勤続年数は審査で重要なポイント

今回テーマとして「勤続年数が短い方」というところに着目していますが、そんなに勤続年数が短いのはいけないことなのか?と疑問に思う方もいるかもしれません。正直審査に可決する上で必要なのは勤続年数よりも年収じゃないの?と。

確かに年収も非常に大事なポイントなのですが、勤続年数はそれ以上に重要なポイントと言えるでしょう。

勤続年数は安定に直結

その最大の理由として、勤続年数は「安定」に直結するからです。ここでいう安定とは、「安定して収入を得ることが出来る」という意味です。

毎月一定の金額を返済する形のキャッシングやカードローンは、その支払いが滞るのをよしとしません。いくらあとからまとめて返済しますと言われても、その言葉はなかなか信用できませんよね…。

なので、毎月きちんと返済できるのかどうかはとても重要なところで、それに直結するのが「毎月ちゃんと安定した収入を得ること」です。ほぼ100%の会社が、カードローンなどの申し込み条件として「安定した収入」を挙げています。

いくら爆発的な収入が不定期にあったとしても、次の月にそのお金がなくなってしまって返済出来ないとなればお金を貸した側としては意味がありませんし、契約としても反故にしています。

安定した収入を支えるのが勤続年数である、そのような認識を共通して持っている…そう考えていただければいいかと思います。

年収が低くても勤続年数で有利に

これは裏を返せば、自分の年収が低くても勤続年数が長ければカードローンなどの審査で有利になれる、ということが言えます。

10年働いていた会社を離れ、転職して年収が3倍になった人がカードローンを勤続半年で利用しようと思っても、まず審査に通ることは少ないでしょう。もちろん、ゼロとは言いませんが、大手であればだいぶ厳しいのではと思います。

年収が3分の1であっても、10年働いていたときであれば転職後に比べると審査に通ったカードローン会社の数は多かった…その可能性の方が高いです。それくらい勤続年数は審査において重要なポイントなんです。

最低でも1年以上が必須

それでは勤続年数が審査の中でマイナスになりにくいのはどれくらいからなのか?これは転職したばかりの方や就職したばかりの方にとってはすごく気になるところかと思います。

実質確実に行けるのは何年から…というのはわかりませんが。最低でも勤続年数1年はほしいところですね。ここでやっとスタートラインといったところでしょう。減点はなくてもプラスにはならないくらいでしょうか。

勤続年数が2~3年程度あれば審査に問題はないと思います。そして、5年、10年となっていくほど審査にはプラスになっていくことでしょう。

逆に年収が高くても転職を繰り返すような人や引っ越しを繰り返すような人は審査の属性としてはずっと悪いままになってしまいます。

懐が広いフクホーは初めてにも

ここまで、大手と中手では審査基準が少し違うということ、全体的に共通している審査基準があること、そしてその中で勤続年数が重要であること…ということを順にかかせていただきました。
(⇒審査基準のおさらいはこちら

ここで改めてフクホーの口コミなどを見てみると、実際勤続年数がそんなに長くない方(1年未満)でもお金を借りることが出来た、というものもあります。

もともと有名になったきっかけは自己破産した方やブラックになってしまった方でもお金を借りることができた救世主の消費者金融、という位置付けでした。

ですが現在は幅広く「なかなか自分では借りられないのではないか」という方の助けになるような消費者金融といった位置付けに変わってきているように感じられます。

懐が広い会社であることは間違いなさそうですので、勤続年数が短いから不安という方をはじめ、初めてお金を借りたい、確実にお金を借りたいという方にもおすすめできる消費者金融になっているのではないかと思います。

トピックス
ページトップへ